フィレンツェ「RED」、ランチもカフェも気軽に利用できる本屋さん

もう何年も前からカフェ併設の店舗が増えてきています。その草分け的存在だったのが、レプッブリカ広場にあった本屋・EDISON、今は同じ本屋でも大型チェーン店FeltrinelliグループのREDに変わりましたが、そのカフェも同じように継続・・・どころか、1階フロアの半分ほどがテーブル席となり、食事やアペリティーヴォもできるようにパワーアップ!

ランチやディナーの時間帯では、カフェだけの場合は原則的に外の席か、カウンターまたは中央の大テーブル(相席)のみの使用になりますが、本屋併設のカフェの割にテーブル席は多め。ただし、レプッブリカ広場という立地の良さからか、特にランチ時間帯はいつも満席になります。メニューの数はそれほど多くないですが、パスタから肉系まで一通りあり、バーガープレートやサラダも。値段も、今のフィレンツェならまぁ平均的な値段でしょうか。ちなみにコテコテトスカーナ系はないですが、そういう料理に食べ飽きた人にはよいメニュー内容です。

メインは付け合わせも込みで、ポテトフライでなくチップスがよくついてくるのですが、これがサクサクで美味しい!

私の最近のお気に入りは、プリモでもセコンドでもなく、プチ価格の前菜の2品で1食にしちゃうこと。1皿4.5ユーロ=2皿で9ユーロなので、プリモやメイン1皿よりも安く食べられるって訳。

左はブッラータチーズ&アンチョビのブルスケッタ・ドライトマト付き、右がタコとじゃがいものサラダ。ぱっと見た感じ物足りなさそうですが、これでお腹いっぱいです。でも物足りない!て人、しっかりランチでなく軽く済ませたい、という方は

カウンターのパニーノコーナーへ。普通サイズだけでなく、ミニパニーノもあり。

あるいは果物かスィーツをどうぞ!テーブルで食事された方は、そのままメニューからスイーツを頼むこともできます(カウンターのものとは別の種類もあります)。

その他にもワインや食材が合ったり

イートインと同じ1階に文具コーナーと写真集・ガイドコーナーがあり、お土産にしてもグー!

レプッブリカ広場と言う立地、お茶や食事にも使え、通しで朝から晩まで開いている便利な本屋RED、ぜひ立ち寄ってみて下さいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

RED
Piazza della Repubblica 26/27/28/29
毎日営業、9:00 – 23:00(元旦、クリスマスはクローズ)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 繊細で端正な作品にうっとり~ピエンツァのマクラメ専門雑貨店「baba Cippa」

  2. キアンティ・クラッシコ、「イタリアの最も美しい村」の家族経営のワイナリー

  3. フィレンツェのボール・サンタ・マリア通りは、紳士服の激戦区!?

  4. 「イタリアのジェラート屋ベスト100」入り!ボルセーナの「Lolla」

  5. リミニ・ビーチサイドの大当たりだったレストラン「LUNA ROSSA」

  6. キアンティの小さな小さな珠玉の集落、「モンテフィオラッレ」

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image