【我が家の食卓】包まないトルテッリーニ「クアドルッチ」は、簡単!美味しい!

冬の、特にクリスマスのランチメニューとして定番なのが、トルテッリ―ニ・イン・ブロード。肉とチーズをベースにした具を包んだパスタを、肉と野菜でとったスープと一緒に食べる料理です。このトルテッリ―ニ、エミリア・ロマーニャ州を中心としたイタリアのマンマ、そして家族総動員で作らないと間に合わない?小さくてかつ数がたくさん必要なもの。コロンとした愛らしいトルテッリ―ニは見ているだけでも幸せな気分になりますが、とてもじゃないけど作る時間がない!という方におススメなのが、この、包まないトルテッリ―ニ「クアドルッチ(インボッティ―ティ)」、トスカーナの北東に隣接するロマーニャ地方のパスタで、「スフォリア・ロルダ」「スフォリア・リピエーナ」とも呼ばれます。これ実は、ダニエーラの料理教室シェフがクリスマス料理を習いに来た時、トルテッリ―ニのバリエーションとして教えてもらったもの。ダニエーラのお姑さんであるイオランダばーちゃんがロマーニャ出身のため、ロマーニャのレシピまで習えてしまった、という訳。

材料(作りやすい量、おおよそ10人分)

◎卵・4個 ◎セモリナ粉・200g ◎小麦粉・200g ◎フレッシュタイプのチーズ・100g ◎モルタデッラ・150g ◎ターキーまたは鶏肉・100g ◎生ハム・50g ◎肉野菜ベースのブロード(出汁)・1リットル ◎塩、牛乳、粉チーズ、ナツメグ、オリーブオイル適量

作り方

1)ターキーまたは鶏肉を茹でたもの、モルタデッラ・生ハムを適当に切り、ハンドミキサーなどで細かく切る

2)1)にフレッシュチーズ、粉チーズ、味が薄ければ塩を少々、クリーミィさが足りなければ牛乳を少々、入れて混ぜる

3)パスタ生地を作り、薄く伸ばす

4)3)の半分に、2)の具を均一に薄目に伸ばし、残り半分を上からかぶせてサンドイッチにする。それをパスタカッターで小さい四角に切る

5)肉野菜ベースの出汁に4)を入れて沸騰させ、浮かんで来たら出来上がり!

ダニエーラ宅で作ってる時、「これ、スープに入れた時に中身出てこないの!?」とマジで心配しましたが、そんな心配は無用!中身は今回は肉ベースでやりましたが、リコッタ&ほうれん草など基本的に何でも良いし、ブロードに合わせずにミートソースなど普通にパスタソースに合わせて食べても良いです。もちろん多めに作って冷凍し、ジップロック保存すれば忙しい時にも茹でるだけでとっても便利!今回は余り物のターキーを使いたくて具がなくなるまで作りましたが、半分以上冷凍できたので、これで約10人分。寒い日には、極上のご飯になること間違いなし!です!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

関連記事

  1. ばーちゃんの生きた証

  2. 【レポ】モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー訪問

  3. 「時間に追われてる」と感じたら、自ら時間を止めてしまおう~忙しくて心を亡くさないように

  4. 秋の夜の夢~おらが村でマッジョ・フィオレンティーノのコンサート

  5. 鹿児島名物「西郷せんべい」が、イタリアのあるものにそっくりだった!

  6. 外国に住むハーフの子供に、いつまで日本語の勉強を続けさせるか?

  1. 標高1000m!「ヴァッロンブローザ」はフィレンツェ人の避暑地

    2020.07.03

  2. イタリア人は「永遠の少年少女」である

    2020.07.02

  3. 【我が家の食卓】フライだけじゃない、「ズッキーニの花」のもう1…

    2020.07.01

  4. フレッチャに乗って・・・9か月ぶりにローマに来ています

    2020.06.30

  5. ナス、カットチコリ、二十日大根が増えました・・・2020年夏畑日記…

    2020.06.29

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image