フィレンツェ郊外アウトレットで食べる「東南アジアの屋台の味」、W.O.K.!

先日HARIBOのアウトレットで紹介した、フィレンツェ近郊のアウトレット・Barberino Designer Outlet、うちからも車で40分ほどなのでたまに行きますが、行った時にランチ食べるのは決まってここ、W.O.K。イタリアでWOKとは中華鍋のことで、アジア料理店の名前ではよく聞く名前でもあります。調べてみると、イタリアの会社でチェーン展開、WOK形態はこのバルベリーノのアウトレットの他に2店舗、そしてODOROKI(苦笑)という名では6店舗、合計9店舗展開しています。

TOP写真のように、店に入るとファストフード店のようにカウンターとメニュー看板があり、そこで注文します。日本食?としては焼きそばと焼き鳥、中華系だと餃子と春巻き、他にも東南アジア系のヌードルやお米料理が並びます。ちなみに、お醤油はヤマサ、割りばしは中華系(笑)。

私のお気に入りはPad Thai というタイのヌードル。メインの具は海老、鶏肉、豆腐から選べます。セットメニューも一部ありますが、同じ値段でも組み合わせを変えることはできずにそれは(かなり)不満ですが、久々に食べたかったので単品で春巻きを。

長男は中華?の Chow mein と焼き鳥を。焼き鳥もまぁまぁ美味しいけど、私的にはちょっと甘すぎる。

麺系はお椀みたいな紙容器で来ますが、お米系は縦長のボックスで出てきます。次男は野菜を抜いたチャーハン、ダンナは夏限定メニューのグリーンライス。玄米+野菜のヘルシーな一品で、美味しかったです。バルべリーノではサービスはありませんが、都会のローマ&ミラノでは、オンライン注文のエリバリーサービスもあります。

中はそれほど広くないですが、そんな狭さとこんな内装で、東南アジアの屋台っぽい雰囲気に。お値段はヌードルやチャーハンは10ユーロ前後、副菜が5ユーロ前後。フィレンツェ近郊ではここ以外ないのですが、ちょっとイタリアンに飽きてきたら、こういうお店に入ってみるのもいいですね。

基本情報

W.O.K. Barberino Designer Outlet店
Via Antonio Meucci, Barberino di Mugello
Tel : +39-055-8420605

毎日営業、10:00–20:00(10月1日~5月31日)&10:00 – 21:00(6月1日~9月31日)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェの無料で見られる「最後の晩餐」~アンドレア・デル・サルト作、サン・サルヴィ編

  2. ガーデン席が心地よい、チェルタルドのホテル「Il Castello」の併設レストラン

  3. 【フィレンツェの素敵な通り】 Via della Spada スパーダ通り

  4. トレンティーノ・アルトアディジェ州北部、ボルツァーノの郷土料理レストラン「Casa al Torchio」

  5. 【フィレンツェの素敵な通り】 Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  6. フィレンツェ北部のクリスマス・イベント,「プレゼーぺ・ヴィヴェンテ」

  1. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  2. ヴァチカン至近「Old Bridge」、地元民にも人気のジェラテリア

    2020.07.11

  3. おらが村「休暇の家」のカテリーナ&カルロ、元気にしています

    2020.07.10

  4. 長男よ、外に出るのだ!自立するのだ!

    2020.07.09

  5. 生トリュフが手に入ったので・・・手打ちタリオリーニの極上ランチ

    2020.07.08

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image