サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のエントランス、魅惑の冬バージョン💛

フィレンツェ好き、イタリア好きの方はもちろん、とても有名な世界最古の薬局であるサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院の修道士さんらが作っていたものを今に引き継ぐ、自然派のコスメやソープを生産販売しているお店です。サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の一部で中世の建物をそのまま使っている薬局は、ただそこに入るだけでも悶絶の世界なのですが、この秋にエントランスからお店に入る通路にドライフラワーのアーケードができてとても話題になりました。

見るだけでもうっとり💛サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のエントランス

すると今度は12月の半ばから冬バージョンに変わったというのをSNSで見つけ、先日久しぶりにフィレンツェに行った際に立ち寄ってみました。全体的に淡い色で統一された前回でしたが、今度は深紅からグラデーションを付けてスモーキーブルーまで。

クリスマス前の最後の土曜ということもあり、お店に入るドア前には入場規制するスタッフもいましたが、それほどの列になることもなくすんなり入れました・・・まぁ私の場合はお店に入るというよりも、このエントランスを歩くのが目的なのですが(笑)。

グラデーションの様子は歩いた動画の方が分かりやすいと思うので、こちらをどうぞ。まずはエントランスからお店の方へ向かうバージョン。

お店に入る前のホール右側には、グラデーションになったドライフラワーパネルがあり、これをバックに撮影できるようになっています。ネームが入ったパネルには、「1221」の数字が・・・そう、エントランスのこれらの装飾は、1221年のサンタ・マリア・ノヴェッラ修道院が設立された年から800年記念を祝してのことだったのでした!

そしてメインホールには、これまたグラデーションになったドライフラワーでのツリーが。これがもう、大理石の幾何学模様の床、ヴォールト天井、すべてと調和してすべてが美しく・・・製品そっちのけでごめんなさい💦

そして秋には薬草の古書が展示されていた礼拝堂のスペースですが、今回はドルチェ&ガッバーナの記念ジュエリーが展示されていましたよ。

続いて、ホールの様子とお店から出口へ向かうバージョンの動画をどうぞ。

いつまで続くのかは不明ですが、日本の皆さんにもぜひ見ていただきたい、とにかくいるだけで幸せな気分になる空間ですよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Officina Profumo-Farmaceutica di Santa Maria Novella Firenze
Via della Scala, 16
Tel : +39-055-216276

毎日営業、10-20(クリスマスなどの祝日は閉店の可能性あり)

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. フィレンツェ「Volume」、元工房をそのまま残した居心地の良いバール、

  2. ピサ近郊・ポンテデーラ「PIAGGIO博物館」で、ヴェスパとアぺに恋をする💛

  3. エルバ島生まれの高級時計、LOCMAN(ロックマン)

  4. コスパ満点のがっつりシーフード!レッジェッロの Ristorante Masaccio

  5. フィレンツェで話題の新レストラン、ソフィア・ローレンに行ってみた

  6. コロナウィルスを吹っ飛ばせ!FIRENZE NON SI FERMA~フィレンツェは止まらない

Copyrighted Image