モンタルチーノのレストラン、Taverna del Grappolo Blue

モンタルチーノ旧市街、細い路地を少し下ったところにひっそりとあるレストラン。名前はGrappolo blue =(葡萄の)青い房ってのがいかにもワインの産地らしいですね。過去に日本のフィガロにも紹介されたことがあるそうです。

紙のマットは、レストラン近くのひょろ~っと細長い市役所のイラストです。

オーダーしたお料理は、まずクロスティーニの盛り合わせ。トスカーナと言えば、の レバーパテ 、チーズ&はちみつ、トリュフソース、ペーストでした。レバーパテは家庭やレストランによって微妙に違うものですが、ここのは胡椒がきいています。

もう一つの前菜は、 アンチョビとヒヨコ豆 。

そしてこの時に同席した含した人中3人がオーダーした一番人気のパスタは、 栗粉のタリアテッレ!

ソースはサルシッチャときのこ、と秋の味覚いっぱい・・・こういう季節限定モノはついついオーダーしてしまいますね。タリアテッレはしっかり栗の味がして美味しかったけど、 ちょっと味が濃かったのが残念。全体的に味は濃い目でした。

メニューは 定番トスカーナ料理+α って感じで、選び応えあり。値段は、観光地で人気のあるレストラン、と考えれば妥当なレベルです。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

Taverna del Grappolo Blu
Via scale di via moglio 1, Montalcino (SI)
Tel: 0577.846400
いつでも開いてる、とサイトでは書いていました。
観光シーズン中は予約がベター。

【行き方】
シエナからTiemme社の114番のバスで直通約1時間。行き方などモンタルチーノの詳細はこちらを参照。ハイヤーワイナリーオルチャ渓谷 のその他の町を周遊するのもおススメです。お問い合わせは、こちら

 

【AMAZON KINDLEより、2冊のトスカーナ本を発売】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」はこちらから

「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」はこちらから

 

関連記事

  1. フィレンツェのレストラン「LA TANA」、日本語でお得なランチセットを楽しもう!

  2. フィレンツェ「Volume」、元工房をそのまま残した居心地の良いバール、

  3. アレッツォ県の見所を巡る、ハイヤー1日周遊プラン

  4. 地域社会協同組合「PARCO VIVO」による、森の中のコンサート

  5. フィレンツェ「Marione」、多くて安くてウマい!昔ながらのトスカーナ料理店

  6. よりすぐりの生産者 X ハーフポーションが嬉しい、フィレンツェ「FOODY FARM」

Copyrighted Image