イタリアのバールの魅力~カッフェ1杯で何ができる?

これは、隣町のあるバール内で見た看板。

本日のサービス

  • カッフェ
  • 砂糖いくらでも
  • スプーンにお皿
  • コップ1杯の水
  • その日の新聞
  • 心理的サポート&心の支えになるおしゃべり
  • トイレ
  • 天気情報
  • バス停情報

カッフェ1杯の価格で提供します。

売っているのはカッフェでなく、感情です。

BAR」、読みはバーでもバルでもなく、「バール」。日本語で言うと喫茶店とかカフェになり、まぁカッフェ(エスプレッソ)やお茶を飲む場所なのですが、イタリアのバールはそれ以上のもの、それはまさに「文化」なのです。上の看板に書いてある事がまさにそうで、ただの飲食店ではありません。イタリアの町に欠かせないものであり、イタリア人の生活に欠かせないものであり、そこで過ごす時間、接する人、会話・・・それらをひっくるめて全てが、イタリアのバール。

こんなバールもロックダウンでクローズとなってしまいましたが、テイクアウトはOK。バールでテイクアウトって!?と思うかもしれませんが、バールのカッフェ、そして朝ごはんやおやつのブリオッシュやボンボローネ、

【イタリア・バールの朝ごはん】あなたはブリオッシュ派?ボンボローネ派?

更に、ちょっとした店員さんとの会話。これがあるだけで、ロックダウンでも心が潤うってもの。

そして先日、ツィッターで首がもげるくらい頷いたのがこちら

いや、ほんと、イタリアのバリスタ(バールマン)すごいです。最初は私もおったまげた、でも今や当たり前になってる、それくらいバールではふっつーの事なんですが、客の好み覚えてるのも当たり前、的を得た雑談も当たり前、だから異性に免疫なくても危険ではない(笑)。しかも常連客でなくとも当たり前にカスタマイズできて、例えば

  • 私はカッフェドッピオね(抽出2倍の多めのエスプレッソ)
  • 私は普通のだけど、ガラスのカップにしてね
  • 私はマッキアートだけど豆乳ね
  • 私は普通のマッキアートだけど冷たいミルクにしてね
  • 私はオルツォマッキアートの大きいカップにしてね

と、5人連れが5人とも違うことを言っても、普通に対応してくれるんです。しかも、カッフェの単価(1ユーロ~1.4ユーロ、150円程度)で。以前、イタリアに初めて来て「イタリア人ほんま仕事せんなー!」と笑っていた友人とバールに入ったら、「何この人ら!しゃべりながらやのに仕事が早すぎる!!」とドン引きしたほど・・・

話がいろいろ飛びましたが、イタリアのバールはただの飲食店ではありません。日本から来られたら、「イタリアの日常」「イタリアの文化」を体感しに、ぜひバールに入って見て下さいね。

フィレンツェを中心にしたバール紹介はこちら

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. モフモフがたまらない

  2. 写真展「トスカーナ、私が恋した小さな村」開催中です!

  3. 気分的にはまだ早いけど、古いパンがたまってるんで・・・パンツァネッラ!

  4. おらが村の絵付け工房より、日本へオリジナル作品をお届けします!

  5. 神戸・北野町、素敵な民家カフェ「あんカフェCafe」

  6. 「ワインボトル=750㎖」、なぜだか知ってますか?

Copyrighted Image