オルチャ渓谷「モンタルチーノ」、ブルネッロワインと誇り高き要塞の村

オルチャ渓谷5つの市の中でも一番大きい(シエナ県の中でも市の面積では一番大きい)町が、このモンタルチーノです。ワイン好きの方はもちろん、そうでもない方もきっと「ワイン」を思い浮かべるほど、イタリア屈指の有名赤ワイン・ブルネッロやロッソ・ディ・モンタルチーノの生産地です。ブルネッロ生産者協会には200以上の生産者が登録され、TOP写真のように、旧市街の周りも、そして市の領域のほとんどがブドウ畑になっています。歴史的には初めてMons Lucinusという名前(諸説ありますが、ラテン語で「小さな森」、またはmons  ilex=ラテン語で「樫の山」)で登場し、町の形成としては10世紀に形成され、現在の旧市街は14世紀の頃に完成したとされています。面白いのは中世は皮なめしが主要産業で、ワイン産業の誕生は20世紀に入ってからになります。

旧市街の南端にあるのが、この圧倒的な要塞!完成は1381年で、シエナ共和国(教皇派)の一都市都市だったために皇帝派との争いが絶えなかったのですが、1559年の陥落までは守り続けた不落の砦だったそうです。現在はこの壁の上と建物の一部だけに上れ、1階は市営のエノテカになっています(詳しくはこちらをご覧ください

旧市街は村というにはかなり広く、あちこちにワインを直売するエノテカやワインバー、レストランがたくさんあります。しかし、それ以外にも、

びよーんと長いプリオーリ宮(現在は市役所と観光案内所が入ってます)や

その前にあるロッジア、

高みにあるドゥオモなど、見どころも点在しています。

エノテカとお土産屋さん以外のお店はあまり目立ちませんが、市役所とロッジアがあるポポロ広場のオシャレな雑貨屋さん・MONTALCINO564や、そこから北に伸びるジュゼッペ・マッツィーニ通りにはいい感じの靴屋さん、服屋さん、地元民が行くような花屋さん、肉屋さんも並びます。

旧市街は広いうえにアップダウンも結構あるので、要塞に上る&旧市街全体をゆっくり周りたい方は半日は必要だと思います。町中にはエノテカばかりでワイナリー自体はないので、ハイヤーで郊外のワイナリー(サイトではこの3つを紹介しています➡)を訪問したり、近郊のサン・タンティモ修道院などを訪れて、1日ハイヤーツアーでも良いですね。人気のピエンツァや、同じエリアのもう1つの産地・モンテプルチャーノと合わせたフィレンツェ発1日ハイヤーツアーもありますので、ぜひお問い合わせください。

お問合せ&お申し込みは、こちら

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Proloco Montarcino (観光案内所)

【行き方】
シエナから Tiemme社のバス114番で直通約1時間10分。シエナ発の時刻表は こちら 、シエナ行きの時刻表は こちら 。この路線では、 イタリアの最も美しい村 にも選ばれている ブォンコンヴェントもあります。バスの乗り方についてはこちらをご覧ください。

他のバスでは行けない場所と組み合わせる場合、効率よく周る場合は、やっぱりハイヤーが便利です。ハイヤーについては、こちらをご覧ください。人気のピエンツァや、同じエリアのもう1つの産地・モンテプルチャーノと合わせたフィレンツェ発1日ハイヤーツアーもあります。宿泊は郊外のアグリツーリズモ&ワイナリー、その他にこちらや、こちらでもワイナリー見学&テイスティングができます。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

  2. モンテプルチャーノのチーズ工房「Cugusi」で、買ってそのままピクニック!

  3. 何もかもが愛らしい!美しき凝灰岩の村、ソヴァーナ

  4. 渓流が流れるアレッツォ県の「イタリアの美しい村」、ローロ・チュッフェンナ

  5. 世界遺産・オルチャ渓谷のパノラマが360度!テンテンナーノ要塞

  6. 断崖絶壁にそびえる姿は圧巻!美しき凝灰岩の村・ピティリアーノ

  1. イタリアでは、「カスタマイズ」が当たり前

    2021.07.23

  2. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第3回目が公開となりま…

    2021.07.22

  3. EURO2020で再認識「イタリアはやっぱりマンマの国である」

    2021.07.21

  4. マルケ州トッレ・ディ・パルメ、海岸線を見下ろす「イタリアの美し…

    2021.07.20

  5. 電気自転車でどこまでも行こう!コーネロ山・E-BIKEツアー

    2021.07.19

  1. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  2. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  3. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image