「Simbiosi Organic Cafe’」、フィレンツェの小さなオーガニックカフェ専門店

前々から気になっていたオーガニックのピッツェリア&パスタ専門店・Simbiosi。その更に横のかどっこに、今度はバールができていたので、通りがかった時に入ってみました。それもそのはず、オープンは2018年11月。その3年前にピッツェリア、そしてパスタ屋さんができたSimbiosiですが、オーガニックブームとは言え、立て続けに3店舗も開けているなんてすごいですね~。とはいえ、観光客がにぎわうエリアからは少しはずれるので、とても落ち着いた雰囲気で、私が行った時は全員イタリア人、いや、しゃべってる感じからして皆フィレンツェ人。しかも常連さんも多そうで、カウンターでおしゃべりしながらクイっとエスプレッソを飲んで出ていく人も多し=ええ感じの昔ながらのバールです。

オーナーは、カッフェの専門家であるフランチェスコ・ニエリ氏。現在のフィレンツェ、いやイタリアでカッフェ業界では知らない人はいないフランチェスコ・サナポ氏(フィレンツェに2店舗ある人気バール・Ditta Artigianaleオーナー)のカッフェスクールで学び、念願の自身のカッフェをオープン。全てオーガニックというだけでなく、カッフェメニューはワインのように、そのブレンド、焙煎、原産地、アロマの特徴、入れ方などが表示されているそうです。

といういのも、それを知ったのは今記事のために調べた後で、行った時は何も知らずにオルツォ(麦コーヒー)を頼んでしまったのです!しかし!麦コーヒーにもこだわりがあり、オルチャ渓谷のオーガニック農家で生産・焙煎した麦を使用しているそう。私は遅めの朝に行ったので周りの人も朝食やブレイクでカッフェばかりでしたが、ここはワインもオーガニック&ビオダイナミックのみを扱っているので、ナチュラルワインが飲みたい方、ナチュラルワインしか飲めない方もおススメ。

奥の席も追加料金なしで(ただし、カウンターで注文して自分で運びます)、この日の私はオルゾ・マッキアート&お米入りタルトで2.7ユーロ。タルトやクッキーも、夜に食事を提供するシェフが作ったものなので、当然ながらめちゃくちゃ美味しいです。私も通っていたフィレンツェ大学文学部キャンパスの至近のため、学生さんもたくさんいましたよ。ご覧のように中は石造りの落ち着いた空間で、皆のんびりと・・・席数は20席もなく少ないのが残念、いや、このこじんまり感がまた良いのです!

ついついゆっくりしてオルゾ&タルトの写真を撮り忘れたのですが、インスタのシェアを貼っておきます。

ここのフランチェスコさんは、ラテアートの大会でも入賞する腕前なので、今度はカップチーノを頼んでみよう!ちなみにフランチェスコさんは今までの写真に写っていた方でなく、下のギャラリーの写真にあるヘッドスキンのお方。私のオルゾを入れてくれたイケメンの彼も、フランチェスコさんも超感じよくて、また行きたくなるカフェでした。カフェで行くか、アペリティーヴォでワイン飲むか、迷います(笑)。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Simbiosi Organic Cafe’(現在インスタグラムのみ)
Via de’ Ginoro 64r

毎日営業、月~金・8:00-22:00&土日・9:00-22:00

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェ郊外の町・インプルネータで有名なものは?

  2. フィレンツェ「Marione」、多くて安くてウマい!昔ながらのトスカーナ料理店

  3. フィレンツェ、パニーノに課税!?

  4. 世界中の人たちを、お迎えする前に

  5. エルバ島・カーヴォ「ランデヴー」、ランチもおやつもここ1軒で

  6. フィレンツェ・バルディーニ博物館、アンティーク商が作る美の空間に酔いしれる

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image