【ガイドにないフィレンツェの教会】サン・フェリーチェ・イン・ピアッツァ教会

サンティ・ミケーレ・エ・ガエターノ教会サン・フレディアーノ教会サンタ・マリア・マッダレーナ・デ・パッツィ教会サンタ・マリア・マッジョーレ教会サン・ミケーレ・アルカンジェロ・ヴィスドミーニ教会サンタ・トリーニタ教会サンタ・フェリチタ教会に続く、第7段の「ガイドにないフィレンツェの教会」シリーズ。通ったことはあったものの、こちらも全く入ったことがなかった、サン・フェリーチェ・イン・ピアッツァ教会です。名前の通り、Piazza=広場、サン・フェリーチェ広場にある教会なのでこの名前がついています。場所はピッティ宮殿すぐそばですが、ヴェッキオ橋とは反対側。サント・スピリト広場にも近いのですが、なんだかちょうど死角になっているようなゾーンなので、あまり観光客は通らないかもしれませんね。私はたまたまですが、サント・スピリト広場からピッティ宮殿に抜けようとして、思い出して入ったのです。

古いものが好きな方にはいきなり萌える、この扉。教会の記録は1066年にまでさかのぼるそうですが、他のいろんな教会と同じように、時代ともに幾度となく改修が行われます。ファサードの改築は1457~1460年代、当時の著名な建築家であったミケロッツォの設計とされています。右側に残る焼け跡は、1926年の火事の名残かもしれません。そしてファサードは典型的なルネサンス様式ですが、中は下の写真のようにゴシック様式となっています。

しかし入ってビックリしたのは、屋根が低いこと。こちらは、1500年代の改修のもの。1557年にドメニコ会の修道女たちがやってきた時、彼らの細則に従って、信者に見られることなくミサに立ち会うスペースが必要となり、このように入口から半分上のスペースを作る必要に迫られたそうです。

ちょっと変わった造りの他に、名画も数々残っています。まずは主祭壇の十字架、美術好きの方ならすぐピンと来るかも?の、ジョット派の1308年頃の作品です。

主祭壇向かって左中央には、エンポリの1595年の作品、「聖ジャチントの前に現われた聖母」。

そして入口すぐ左は、ボッティチェッリ派の1480年の作品「聖アントニオ・アバーテ、聖ロッコ、聖女カテリーナ・ダレッサンドリア」、そしてこの右横や、その他の壁にもあちらこちらにあるのが、デッラ・ロッビアの色彩テラコッタです。

そんな芸術作品もさながら、私が心打たれたのは、第二次世界大戦中のこと。ここはオルトラルノ地区(アルノ川向こう側の地区)でのレジスタンス運動が最も活発な場所で、当時ここの神父であったブルーノ・パネライはオルトラルノ解放委員会に教会の地を提供し、またこの地区に住むユダヤ人をかくまっていたそう。教会という宗教の場であっても、戦時中は安全では決してない中で奮闘した、その姿に思いを馳せてしまいました。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Chiesa San Felice in piazza
Piazza San Felice, Firenze FI

【トスカーナより生中継のライブ&トスカーナ好きコミュティ】

「トスカーナ自由自在チャンネル★小さな村・生産者・職人・料理を現地から発信」

上記リンクより、詳細とお申し込みをお願いしますm(__)m

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. フィレンツェ北部ロンダで「オリーブオイル搾油所見学&テイスティング」

  2. 【レポート】2月は出産の季節~おらが村の料理教室で、生まれたての子ヤギに会えます!

  3. キアンティの小さな村、ブドウ畑が見えるアパートと料理教室

  4. フィレンツェ北部ロンダのクリスマス・イベント,「プレゼーぺ・ヴィヴェンテ」

  5. 【トスカーナ自由自在チャンネル】2021年5月のライブ予定(日程きまりました!)

  6. 2020年夏・トスカーナの風景~その3・オルチャ渓谷の乾いた大地

Copyrighted Image