11月からどっぷり、町が丸ごとクリスマス!トスカーナの「クリスマス・ビレッジ」

クリスマスから年末年始、イタリアに来る方も多いと思いますが、実は、イタリアでは11月の後半からすでにクリスマス気分がかなり味わえます~商戦的にはハロウィンが終わったら即クリスマスですから(苦笑)。なので、クリスマスにいなくても、クリスマス気分がどっぷり味わえる市や、町丸ごとクリスマスイベントを行うトスカーナの町を紹介します!

11月16日~1月6日まで~モンテプルチャーノ:Mercatini e Castello di Babbo Natale Montepulciano

中部イタリアで一番大きなクリスマス市は、このモンテプルチャーノ。グランデ広場を中心にツリーの飾りやクリスマスプレゼント用の市が80、サンタさんの家、ストリートフード、ワークショップ、ビデオ・マッピング、ノービレ・ワイン・テイスティングなどなど・・・見ごたえたっぷりです。※TOP写真はたまたまお客様と行ったのですが、平日のため市は閉まってました~でもツリーやイルミネーションはキレイでしたよ。

【開催日時】
クリスマス市:11月16・17・23・24・30日、12月1・6・7・8・13・14・15・20・21・22・23・24・26~31日、1月1日~6日は10時半~19時半まで。12月25日は午後のみ。サンタさんの家、イベントなどその他の開催日時はタイトルのリンクよりご確認ください。サンタさんの家やいくつかのイベントは入場料がかかります。

【行き方】
車で行くのがベター、駐車場は周辺に配備され、そこから旧市街への送迎バスが出ています。公共機関で行く方はシエナよりTiemme社のバス112番で(シエナ→モンテプルチャーノモンテプルチャーノ→シエナ)ただし日祝は運行がありません。フィレンツェから直通で行ける鉄道の最寄り駅はChiusi-Chianciano Terme、そこからTiemme社のバスが数本出ています(ただし本数は少ないです)バスの乗り方などはこちら電車の乗り方などはこちらを参照ください。ピエンツァのハイヤーさんで送迎も承りますので、お問い合わせください。2018年のお客様はフィレンツェ→モンテプルチャーノに送迎してもらい、ランチも含め5時間ほど滞在した後、ピエンツァのアグリツーリズモに送迎をお願いしました。

11月16日~12月26日まで~アレッツォ:Mercatini di Natale Arezzo

イタリアで一番大きなチロル風クリスマス市」、だそうです。こちらもグランデ広場などでは34の市、そしてなくてはならないサンタさんの家、他と違うのは、大きな山小屋でのチロルビールのスタンド、レゴ・ヴィレッジがオープンすることくらいでしょうか?私もまだ行ったことないのですが、皆でランタンを飛ばすイベントをやっているのがFBなのでUPされていて(今年は2000個の風船だそうです)、それに参加したいな~とひそかに思っております。

【開催日時】
木曜日・14時~20時、金曜日:10時~21時、木曜日:10時~23時、日曜日:10時~21時、

【行き方】
フィレンツェから直通電車で1時間10~40分。駅から旧市街は歩いて5分。電車の乗り方などはこちらを参照ください。

11月9日~1月6日、モンテカティー二・テルメ:Citta’ del Natale

中部イタリアではよく知られた、特に小さい子供のいる家族連れに人気なのが、このモンテカティー二のクリスマス。ツリーの点灯式など正式オープンは11月30日ですが、11月9日より週末にイベントをやっていますので、上記リンクをご覧ください。フィレンツェから電車で簡単に行けるので、小さなお子様がいる方はぜひ!

【行き方】
フィレンツェから直通電車で約50分。駅から旧市街は歩いてすぐ。電車の乗り方などはこちらを参照ください。

フィレンツェ、シエナ、おらが村!

【フィレンツェ】
毎年恒例はのサンタクローチェでのクリスマス市は、11月23日~12月22日までです。

【シエナ】

こちらも毎年恒例のカンポ広場での市、クリスマス関係以外の地元特産品や工芸品など、なんと150もの市が出ます!12月7~8日の2日間(8時~20時)なので、行きたい方は日程を調整して下さいね。

【おらが村・ロンダ】
12月8日は村の聖人の日でもあるので、中心のウンベルト1世広場ではクリスマス市、サンタさんの家、17時頃にはツリーの点灯式もあります。8日は祝日のため、最寄り駅からのバスがありません。休暇の家に宿泊頂ければ、チェックイン・アウトの駅との送迎は無料サービスですので、ぜひ1泊でもお越しくださいね。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 年5回開催!ワイン好きにはたまらない「Cantine Aperte=ワイナリー無料オープンデー」

  2. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

  3. ピエンツァのオステリア、グラツィエッラばーちゃんの名が付いたスペシャルパスタ

  4. 無料なのに見所いっぱい!フィレンツェ・オンニッサンティ教会

  5. 職人のアイディアが光る!フィレンツェのファインジュエリー工房&ショップ「IDRUS」

  6. フィレンツェのアウトレット靴屋「Otisopse」で、ひとひねり効いたベーシック靴をお得に買う!

Copyrighted Image