モンテプルチャーノのクリスマスマーケット

モンテプルチャーノのクリスマスマーケットは11月の半ば~1月6日までの土日祝、クリスマス前の平日に開催しているので、この1か月半の間にトスカーナに来られる方は行きやすいイベントです。私たちが行ったのはコロナ直前の2019年の12月、日曜日に行くはずが天候荒れ荒れのために23日の月曜日に行ってきました。全て開いているのですが平日だったこと、また時間的に17時すぎと中途半端だったためか、人は少なく、マッピングの時間にも合わなくて残念でしたが、その時の様子をご紹介しますね。

メインの会場は旧市街の南端の高みにあるグランデ広場。ハイヤーさんに送ってもらうなら、グランデ広場のドゥオモ裏側まで車が入れますので、そこまで送ってもらいましょう。ドゥオモ後陣向かって左側の道から市がすでに並んでおり、市を見ながらグランデ広場へ。メインの会場はここなので、80ある市のうち、半分以上はこの広場に集結しています。

クリスマスギフトに良さそうなチョコレートや紅茶のセット、マフラーや手袋などのニット小物、クリスマスオーナメントなどのほかに、クリスマスとは直接は関係ない地元のサラミ・チーズなどの特産物もあります。クリスマス前に日本に帰る方は、ここでプレゼントやオーナメントなど、クリスマス関連のものを仕込んで帰れますね。もちろん、クリスマスに関係なくお土産や、自分の旅の思い出を持ち帰れます。

2年前は市庁舎前にあったツリーは井戸の近くに移動し、ツリーがあった場所には半球体のイルミネーションが!4つの入り口があり、ちょうど人が入れる大きさなので、記念撮影もぴったりですし、1つしかないベンチでしばし甘い時間を過ごしても・・・とはいえ私たちが行った人が少ない時間でも、この中だけは絶えず人が入れ代わり立ち代わりで記念撮影していたので、落ち着かないかもしれませんが(苦笑)。

市庁舎の両サイドには、「パノラマテラス」と称された食べ物関係の市が集まったところと(私たちが行った時間は真っ暗でパノラマも何も見えませんでしたが)、モンテプルチャーノの有名銘柄・ノービレワインのワイナリーが出すエノテカがあります。残念ながら私たちが行った時間にエノテカは開いてなかったのですが、ここのイルミネーションがとっても素敵でした!上の写真左に見えている木箱のツリーはワインの箱、真ん中に見えている樽は立ち飲みカウンターとなっていてとってもオシャレ。

市を堪能したら、今度は北に伸びる旧市街の散策。グランデ広場の近くやプラート門の近くには、DE’ RICCIのように無料でセラーを見学できるワイナリーもあるので、そこに立ち寄るものもよし、メインストリートにはたくさんのお店やおしゃれなカフェもあるので、そこで買い物や休憩してもよし。イタリア全土がそうですが、キラッキラのイルミネーションでなく、素朴で控えめなのが旧市街ととてもマッチしていますね。

通りにはあまり人がいなくても、老舗バール&レストラン・CAFFE’ POLIZIANO は人がいっぱい。この日は外国人観光客はあまりおらず、地元民や私たちのようにクリスマス休暇をこのゾーンで過ごすイタリア人ばかりでした。賑わい加減はいまいちですが、逆に落ち着いたイタリアの平常を見られる感じです。

偶然ですが、バイオリンの生演奏(多分リハーサル)に出くわした、グランデ広場の様子を動画に撮ってみました。


町を一通り散策したい方は、北方向へイルミネーションがある通りをずっと下っていくと、北の端のプラート門へ出ます。門の外は道沿い、また奥の教会前は駐車需要になっていますので、ハイヤーさんに拾ってもらう場所・レンタカーで来られる方の駐車場所に良いですよ。

モンテプルチャーノはピエンツァからも近く、オルチャ渓谷での滞在と組み合わせて訪問するのにぴったりです。冬にはなかなか田舎へ行くイメージはないかもしれませんが、天気さえよければ景色は美しく、観光客も少ないのでお勧めですよ(ただしクリスマス~1月6日までは除く)。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

公式サイト
Mercatini e Castello di Babbo Natale Montepulciano

【2022年~2023年の開催日時】
クリスマス市:11月19・20・26・27日、12月3・4・7・8・9・10・11・17・18日、22~31日、1月1日~6日。サンタさんの家、イベントなどその他の開催日時はタイトルのリンクよりご確認ください。サンタさんの家やいくつかのイベントは入場料がかかります。

【行き方】
車で行く場合は周辺に駐車場はが配備されていますので、そこから旧市街への送迎バスで移動しましょう。
公共機関で行く方はシエナよりバス112番で直通、モンテプルチャーノが終点になります。

※時刻表検索はTrip Plannerを使うか(ただしイタリア語のみ、むこう5日間のみしか検索できません)、サイトの時刻表ページより Servizi Extraurbani 、続いてServizi Extraurbani SIをクリックし、112番の右端にある↓マークを押して時刻表をダウンロードしてください。バスの乗り方などはこちら電車の乗り方などはこちらを参照ください。

ピエンツァのハイヤーさんで送迎も承りますので、お問い合わせください。2018年のお客様はフィレンツェ→モンテプルチャーノに送迎してもらい、ランチも含め5時間ほど滞在した後、ピエンツァのアグリツーリズモに送迎をお願いしました。

 

 

「イタリアの美しい村を歩く」
イタリアの最も美しい村協会推薦✨

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

👇 キャンペーン特設サイトはこちら 👇
「イタリアの美しい村を歩く」新刊キャンペーン開始!

 AMAZON や 楽天ブックス でも予約受付中!

関連記事

  1. 2018夏、オルチャ渓谷の車窓から

  2. ツーリング・クラブ・イタリアーノ認定「オレンジフラッグ」とは?

  3. 学校がやらないなら親がやる!学校さぼって親子で遠足へ

  4. 食いしん坊にはたまらない!サンミニアートの「白トリュフ祭り」、

  5. オルチャ渓谷の世界遺産の村、ピエンツァ

  6. 「コッレ・ヴァル・デルザ」、フィレンツェ&シエナから行きやすい穴場の小さな村

  1. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  2. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  3. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  4. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  5. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  1. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  5. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image