私が混乱した「トスカーナ弁」・その4 ~ fo’ フォと vo’ ヴォ

なかなか好評の、私が混乱した「トスカーナ弁」の第4弾!過去の記事はこちら ↓

その1・coso と cosare
その2・非人称のトスカーナ的な使い方
その3・piacere でなく garbare

イタリア語(というかラテン語発祥の言語全部)の難しいことの1つが、動詞の活用。主語によって同じ時制だけでも6つの活用があり、規則的に活用する動詞だけでも3種類、そして不規則活用する動詞も多数。それに時制+条件法、接続法・・・そんな複雑な動詞なので、この fo’ と vo’ も「何の活用!!!???」と思ったら・・・トスカーナ方言だったという💦

それが何かと言いますと

Fare(する)、の1人称単数(io)の活用 faccio →  fo’ 
Andare(行く)、の1人称単数(io)の活用 vado →  vo’ 

なんやねん、それ!!って突っ込みたくなりますが、ま、方言なんてそんなんばっかりですよね。

よく聞く使いまわしとしては、

Come fo’!? (コメフォ~!?)=どないしてやるの?
Lo fo’ io!! (ロフォイーオ!!)= それは俺がやるよ!
Ce la fo’!  (チェラフォ!)=できるよ!
Non ce la fo’! (ノンチェラフォ!)=それはできん!無理!

Dove vo’!? (ドヴェヴォ!?)=どこに行ったらええの?
Ci vo’ io!! (チヴォイーオ!!)= そこには俺が行くよ!

という風に、強調する時によく使う気がします。

以前、長男が小学校でイタリア語(国語)の授業でこの不規則活用の暗記があったので、私が質問して答えさせていたら

「じゃ、ANDAREからいくで・・・IO?」
「VO’!!」

と何の疑いもなく答えたのに腰が砕けそうになりましたが・・・それくらい、トスカーナの話し言葉では定着しております。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. クリスマスランチの余り食材&料理、フル活用ビフォーアフター

  2. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

  3. 【我が家の食卓】ちょっと軽めの、ナスのパルミジャーナ

  4. 世界的人気の寿司!でも寿司は、日本の家庭料理ではありません。

  5. 2020年はしみじみと、おらが村のクリスマスイルミネーション

  6. イタリアンポップスの重鎮・ズッケロ=日本語だとサトウさん?

Copyrighted Image