ほうれん草とリコッタのニョッキ、パスタをまとわないから「ニューディ」

トスカーナでよく食べられる、リコッタチーズとほうれん草が詰め物になってるラビオリ。このパスタがないバージョンが、Gnudi ニューディ(=ヌード、裸)です。基本ラビオリの具と同じなのですが、包むもがないので卵と小麦粉が入るのですが、その配合が難しい。ニューディの美味さはふわっとした食感が命。かといって小麦粉を入れなさすぎると茹でる時に崩れて大惨事になるし、入れすぎるとグニュグニュして普通のニョッキみたいになってしまうのです(どちらも経験済み・苦笑)。今回はおらが村の農家さんが近郊の大きなチーズ工房の商品もまとめてデリバリーしてくれるようになったため、羊のリコッタを500g購入し、満を持して再チャレンジ!いくつかサイトでレシピを見直してしっかりやったら、ふわふわでリコッタの味がしっかりするニューディが完成しました!

材料(4人分)

◎リコッタチーズ(できれば羊乳、なければ牛乳の)・300g ◎ほうれん草・500g ◎卵1個 ◎小麦粉・50g ◎粉チーズ 50g ◎ナツメグ、塩・適量 ◎バター・80g ◎セージ・10枚程度

作り方

1)ほうれん草が生の場合は下茹でしておく。冷凍の場合は解凍し、いずれも水気をしっかり切り、細かく切っておく

2)リコッタもザルにキッチンペーパーなどを敷いた上に置き、水気を少なくしておく

3)1)と2)、卵、小麦粉、粉チーズ、ナツメグ、塩を入れ、均一になるようによく混ぜる(私はほうれん草の分量が少し多すぎました)

4)オーブンシートを敷いたトレイと、まぶす用の小麦粉(分量外)を入れたお皿を準備。3)を好きな形に丸め、小麦粉を全面にまぶし、トレイにくっつかないように置いておく。茹でるまでに時間があくなら、ゆでる前にも再度小麦粉をまぶす

5)フライパンにバターとセージを入れ、弱火で溶かしておく。鍋に多めのお湯を沸かしておく。

6)鍋のお湯が沸騰したら、4)を1つづつ静かにいれ、浮き上がってきたら穴あき杓子で取り出し、5)のフライパンに入れる。鍋を混ぜたりすると崩れるので、あくまで自然に浮いてきたものを取り出してください。

6)全部ゆであがったら、フライパンで再度温めながらソースを絡めて、できあがり!お好みで粉チーズ(分量外)をかけて下さい。

関連記事

  1. 栗にトリュフに新オイル?味覚の秋のトスカーナ・月別のイベント&楽しみ方

  2. 「アクアコッタ」は、アミアータ山のばーちゃんの味

  3. トスカーナ海沿いの料理、イカのインズィミーノ

  4. シエーヴェ渓谷「超地域限定」のサルシッチャ・バルディッチョ

  5. 栗粉の素朴なお菓子「ネッチ」

  6. フィレンツェドゥオモのクーポラを支えた「インプルネータのペポーゾ」

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image