キアーナ渓谷「Aglione アリオーネ」、臭わない&胃もたれしない巨大にんにく

アリオーネという野菜をご存じですか?イタリア語を知ってる方なら、あるいはパスタ好きの方なら、アーリオ・オーリオ・ぺペロンチーノ、でご存じかも?「アーリオ=にんにく」に拡大辞 -one が付いた単語なので、大きなにんにく?と想像していただけると思います。または、南トスカーナを旅したことのある方なら、Pici all’agione というパスタの名前をご覧になったことがあるかもしれません~ピチはシエナ県を中心とした南トスカーナの郷土パスタで、これに絡めるソースの定番ですが、おそらく大半の人が、アリオーネ=にんにくがたくさん入っているソース、と思っているのでは?かくいう私もその1人で、以前に手打ちピチを習うここの料理教室で、

シエナ郷土パスタ・ピチを手打ちで!オルチャ渓谷の小さな村・モンティッキエッロで料理教室

「アリオーネという巨大にんにくがあるんだよ」と教えてもらったのでした。そして「とても希少なものなので一般には手に入りにくい」とも言われていたし、実際に見たこともなかったのですが・・・この春、コロナ禍の今結成されたフェイスブック・コミュニティ「io compro toscano!」で、アリオーネの生産者さんを知り、今回、直接訪問して購入することができたのです!

アリオーネの生産地は、アレッツォ県南部~シエナ県東部にまたがるキアーナ渓谷。そう、フィレンツェ風ビステッカで有名な高級牛・キアニーナ牛の産地。その陰に隠れて?のもう1つの特産品なのですが、それはただ大きなにんにく、ではなく、にんにくにはない特徴があります。

  • デリケートな味
  • 臭みがない
  • 胃にもたれない

いくつか生産者さんを見つけたのですが、ばーちゃん村に行くほぼ道中にある、モンテプルチャーノの農家さんへ。アポを入れ、更に直前に電話を入れ、自宅にある倉庫に連れて行ってもらいました(というのも、オーナー女性は10日前に出産したから!)

チャットで聞いたのは、1つ200g~で、キロ18ユーロ。なので、だいたい4~5個で1キロになります。しかしこれは標準サイズで、小さい150gくらい(直径6㎝)のものから、なんと特大サイズでは800g(直径10㎝!)にまで成長するそう!ってことで、その一番デッカイのを見せてもらったのですが・・・

で、でかっ!!!!

私も手のひらに乗せてもらいましたが、ずしっと重い。笑えるくらいデカくて重い。アリオーネはキアーナ渓谷以外でも生産はしていますが、キアーナ渓谷エリアの土壌が一番適しているようで、他の地域のものはここまでは大きくならないそうですよ。興味ありそうな友人にも声をかけて、全部で標準サイズを3キロ購入して、自宅で早速調理してみることにしました。

1かけ、がこんなにデカい(笑)。

皮をむくと、なんかつるん&テカテカ。収穫してすぐの新鮮な状態だからなのか?それともこういうものなのか?

そしてスライスしてみると、じゅわっとみずみずしさ満点!スライスしても(当たり前ですが)デカい。にんにく大好きなダンナがこれを生のままパクっと食べましたが、「・・・うまい!にんにくとは全然違う旨さ!!」・・・私は生はちょっと勇気なかったので、ボンゴレのパスタに。いつもはみじん切りですが、味が分かりやすいようにスライスで入れてみました。確かに、刺激的な味はなく、とってもまろやかでほのかな甘みさえ感じられます。「一度アリオーネを食べ慣れたら、普通のにんにくには戻れない人もいる」というのに、なんとなく納得。

そして左のお皿+上の瓶ですが・・・にんにくの芽!生のはなかったのですが、こうしてオイル漬けにして販売しているので、こちらも購入してみました。もらったパンフレットにあったレシピ通りに、パンにペコリーノチーズ(羊乳チーズ)のスライスをのせてチーズがとろっとなるまで焼き、にんにくの芽をのせて・・・オイル漬けというより甘酢漬けに近い感じで、これが濃厚なチーズにとっても良く合う!!

ということで、しばらくはアリオーネ続きの我が家です。野菜なので、日本に持って帰ることができないのが残念!

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 「コッレ・ヴァル・デルザ」、フィレンツェ&シエナから行きやすい穴場の小さな村

  2. おらが村名産・レジーナ桃のファン急増中⤴

  3. 9月のフィレンツェのお楽しみ!ぶどうのスキアッチャータ

  4. シエナ南の「クレーテ・セネージ」、粘土質の大地が織りなす自然美を堪能!

  5. 神秘的なクリプタをもつ、アッバディアのサン・サルヴァトーレ修道院

  6. 久しぶりのアレッツォは・・・やっぱり素敵な町でした!

Copyrighted Image