キアーナ渓谷「Aglione アリオーネ」、臭わない&胃もたれしない巨大にんにく

アリオーネという野菜をご存じですか?イタリア語を知ってる方なら、あるいはパスタ好きの方なら、アーリオ・オーリオ・ぺペロンチーノ、でご存じかも?「アーリオ=にんにく」に拡大辞 -one が付いた単語なので、大きなにんにく?と想像していただけると思います。または、南トスカーナを旅したことのある方なら、Pici all’agione というパスタの名前をご覧になったことがあるかもしれません~ピチはシエナ県を中心とした南トスカーナの郷土パスタで、これに絡めるソースの定番ですが、おそらく大半の人が、アリオーネ=にんにくがたくさん入っているソース、と思っているのでは?かくいう私もその1人で、以前に手打ちピチを習うここの料理教室で、

シエナ郷土パスタ・ピチを手打ちで!オルチャ渓谷の小さな村・モンティッキエッロで料理教室

「アリオーネという巨大にんにくがあるんだよ」と教えてもらったのでした。そして「とても希少なものなので一般には手に入りにくい」とも言われていたし、実際に見たこともなかったのですが・・・この春、コロナ禍の今結成されたフェイスブック・コミュニティ「io compro toscano!」で、アリオーネの生産者さんを知り、今回、直接訪問して購入することができたのです!

アリオーネの生産地は、アレッツォ県南部~シエナ県東部にまたがるキアーナ渓谷。そう、フィレンツェ風ビステッカで有名な高級牛・キアニーナ牛の産地。その陰に隠れて?のもう1つの特産品なのですが、それはただ大きなにんにく、ではなく、にんにくにはない特徴があります。

  • デリケートな味
  • 臭みがない
  • 胃にもたれない

いくつか生産者さんを見つけたのですが、ばーちゃん村に行くほぼ道中にある、モンテプルチャーノの農家さんへ。アポを入れ、更に直前に電話を入れ、自宅にある倉庫に連れて行ってもらいました(というのも、オーナー女性は10日前に出産したから!)

チャットで聞いたのは、1つ200g~で、キロ18ユーロ。なので、だいたい4~5個で1キロになります。しかしこれは標準サイズで、小さい150gくらい(直径6㎝)のものから、なんと特大サイズでは800g(直径10㎝!)にまで成長するそう!ってことで、その一番デッカイのを見せてもらったのですが・・・

で、でかっ!!!!

私も手のひらに乗せてもらいましたが、ずしっと重い。笑えるくらいデカくて重い。アリオーネはキアーナ渓谷以外でも生産はしていますが、キアーナ渓谷エリアの土壌が一番適しているようで、他の地域のものはここまでは大きくならないそうですよ。興味ありそうな友人にも声をかけて、全部で標準サイズを3キロ購入して、自宅で早速調理してみることにしました。

1かけ、がこんなにデカい(笑)。

皮をむくと、なんかつるん&テカテカ。収穫してすぐの新鮮な状態だからなのか?それともこういうものなのか?

そしてスライスしてみると、じゅわっとみずみずしさ満点!スライスしても(当たり前ですが)デカい。にんにく大好きなダンナがこれを生のままパクっと食べましたが、「・・・うまい!にんにくとは全然違う旨さ!!」・・・私は生はちょっと勇気なかったので、ボンゴレのパスタに。いつもはみじん切りですが、味が分かりやすいようにスライスで入れてみました。確かに、刺激的な味はなく、とってもまろやかでほのかな甘みさえ感じられます。「一度アリオーネを食べ慣れたら、普通のにんにくには戻れない人もいる」というのに、なんとなく納得。

そして左のお皿+上の瓶ですが・・・にんにくの芽!生のはなかったのですが、こうしてオイル漬けにして販売しているので、こちらも購入してみました。もらったパンフレットにあったレシピ通りに、パンにペコリーノチーズ(羊乳チーズ)のスライスをのせてチーズがとろっとなるまで焼き、にんにくの芽をのせて・・・オイル漬けというより甘酢漬けに近い感じで、これが濃厚なチーズにとっても良く合う!!

ということで、しばらくはアリオーネ続きの我が家です。野菜なので、日本に持って帰ることができないのが残念!

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 地域社会協同組合「PARCO VIVO」による、森の中のコンサート

  2. フィレンツェ近郊ロンダで「スロートレッキング&地元食材の料理」の週末プログラム(2/16)

  3. グイード家が城を構える美しい村、ポッピ

  4. 1842年創業の生地メーカー「 BUSATTI 」のアンギアーリ本店

  5. 栗にトリュフに新オイル?味覚の秋のトスカーナ・月別のイベント&楽しみ方

  6. 映画「トスカーナの休日」の舞台、アレッツォ県の小さな村・コルトーナ

  1. オルチャ渓谷の絶景と小さな村を巡るサイクリングツアー(E-Bike)

    2022.11.30

  2. いろんなカルボナーラを食べるなら!ローマ・トラステヴェレ「Eggs」

    2022.11.26

  3. ローマのダヴィデさんと語る、日本人の旅スタイルを変えるには?

    2022.11.22

  4. モンテプルチャーノのクリスマスマーケット

    2022.11.18

  5. 次男の堅信式と美味しい魚づくしランチ

    2022.11.17

  1. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  2. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物のトスカーナ…

    2022.06.09

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

Copyrighted Image