シエーヴェ渓谷「超地域限定」のサルシッチャ・バルディッチョ

見た目、エグイ感じもしますが・・・すんごいクセになるんです、コレ=バルディッチョというフィレンツェの北東部・シエーヴェ渓谷の名物サルシッチャ(腸詰ソーセージ)。おらが村とその周辺のルフィナ、ポンタッシエーヴェなど3、4市でしか生産や消費も行われていない、言わば幻の?とはいかないまでも、超限定地域のサルシッチャなのです。ポンタッシエーヴェではなんと、2016年に「バルディッチョのパリオ」として、バルデイッチョの料理コンテストまで行ったそう!

別名「狂った腸詰ソーセージ」・・・というのも、豚肉の捨てられてしまうような部位と、そして血が入ってるため色がドス黒くなり、狂ったという形容詞が付いたそう。ニンニクやフェンネルなど多くのハーブとスパイスが入っているため、味はかなりパンチがきいているので、地元産の赤ワイン・キアンティルフィナにと~っても合います!細かい配合などは、それぞれの肉屋さん代々の伝統のレシピがあるそうですよ。

一般的な食べ方は、やはりグリル。この日はジャガイモと一緒に。

バルディッチョはおらが村のクリスマスイブのイベント・フジーニョ(Fusigno)で、教会前の広場でミサの後にワインと一緒にふるまわれます。私たちはいつも ばーちゃん村 に滞在して こっちのイベント に行くため、残念ながら今までこのイベントには行ったことないですが、近年始まった Fusignoの夏バージョン や、その時期が無理でも休暇の家 に滞在される方は村の肉屋にも売ってるので、ぜひぜひ購入して、焼いて食べてみて下さい!(パパ友のロレンツォ君が毎週月曜午後に仕込みます)。最近はバルディッチョの協会もでき、周辺の町でもいろいろイベントがあるようですが、フィンレンツェでは食べられない一品!

うちはやったことないですが、トマト煮やリゾットも美味しいそうです~今度やってみよ!

 

関連記事

  1. 自然は美しく美味しいもので溢れている~おらが村の野草講座でがっつり学んできました

  2. カーニヴァルのお菓子、お米のフリッテッレ

  3. 【我が家の食卓】家族代々伝わる、鶏肉煮込みのワンプレート

  4. 「Simbiosi Organic Cafe’」、フィレンツェの小さなオーガニックカフェ専門店

  5. 出張前の忙しい時に、せこせこ作り置きをする理由

  6. 大晦日の大夕食会「チェノーネ」、どんなメニュー?どれだけ食べる?

  1. 料理のレパートリーを増やす、もう1つの方法

    2020.02.27

  2. コロナウィルスで動けない時だからこそ!イタリアとオンライン&代…

    2020.02.26

  3. フィレンツェから「電車・バスで1本」で簡単に行ける、「初めての小…

    2020.02.25

  4. 「コッレ・ヴァル・デルザ」、フィレンツェ&シエナから行きやすい…

    2020.02.24

  5. 【フィレンツェの素敵な通り】Borgo San Jacopo サン・ヤコポ通り

    2020.02.23

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image