ピエロ・デッラ・フランチェスカの故郷、サンセポルクロ

アレッツォ県東部の町・サンセポルクロは、端正なスタイルで日本でもファンが多い15世紀の画家、ピエロ・デッラ・フランチェスカの故郷としても有名です。旧市街の小さな広場には、こんな風にピエロの像もありますよ。旧市街は小さく、メインストリートに見所が並ぶ観光もしやすい町で、アレッツォからバスで1本なので比較的アクセスも簡単なので、1日~半日観光にもおススメの小さな村です。

伝説では、巡礼者である2人の聖人が聖遺物を祭るための小さな礼拝堂を建設したことから、サント・セポルクロ=聖なる埋葬地、と呼んだことが名前の由来になっています。その伝説の記述は1266年、この地の書記官によって書かれています。丘に囲まれた立地、現在でも各州の交わるところという立地から重要地とされ、中世でがミラノ支配下にありましたが、その後リミニ、教皇庁、そして1441年にメディチ家のフィレンツェに統治され、その頃に建設されたものが今に残ります。

まずは村一番の見所である市立博物館へ、ここではピエロの作品が4つ=ミーゼリコルディアの祭壇画、キリストの復活、聖ジュリア―ノ、トロ―ザの聖ロドヴィーコ、があります。

キリストの復活は、私が2017年3月に行った時は修復中でしたが、こんな風に見られるようになっていました(現在は周布rく完了しています)。さすが博物館の看板的な作品ですね。時間によっては、まさに修復最中の様子が見られたかもしれないので、お昼の時間帯で作業はやっておらず残念でした!ピエロの作品の他にも、アンドレア・デッラ・ロッビアの色彩テラコッタや、ポントルモの作品など、小さいながらも充実した展示内容となっています。

ピエロファンが絶対はずせないのが、ピエロの家=ピエロ・デッラ・フランチェスカ財団です。財団と言ってもピエロを紹介するパネルや動画の投影などが一般公開されている建物で、事務所の一角にはピエロのフレスコ画も残っています。スタッフの方は親切で、いろいろ教えてくれますよ。そして見逃してはいけないのが、最上階にあるパノラマポイント。窓が額縁のようになり、そこに現れる旧市街はまさに絵画のような美しさです。

その他に、サンセポルクロに本社を置くハーブ製薬会社ABOCAの、見ごたえたっぷりの薬草ミュージアムがあります。観光客は少なくとても落ち着いたしっとりした町なので、喧騒に疲れた方にもぴったですよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【観光協会】
Associazione Vivere a Borgo Sansepolcro

【行き方】
アレッツォ駅前(駅を背に広場を出て、左斜め前)バスターミナルからTiemme社の直通バスSI381番で1時間。バスの時刻表:アレッツォ→サンセポルクロサンセポルクロ→アレッツォ。バスについてはこちらをご覧ください。同じ路線にはピエロの名画・出産の聖母があるモンテルキイタリアの最も美しい村にも選ばれているアンギアーリがあります。2カ所ならフィレンツェから電車バスを乗り継いで日帰りで、3カ所ならアレッツォ発着でバスで、あるいは効率的にハイヤーで行くことをおススメします。電車についてはこちら、ハイヤーについてはこちらモンテルキとセットでのフィレンツェ発着ハイヤーツアーはこちらをご覧ください。

 

【AMAZON KINDLEより、2冊のトスカーナ本を発売】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」はこちらから
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」はこちらから

関連記事

  1. ルッカ北部の「スコットランド風」の美しい村・バルガ

  2. 産地だからこそ生で!極上の「キアーナ牛のタルタル」

  3. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第4回目が公開となりました

  4. 2020年夏・トスカーナの風景~その2・カゼンティーノのひまわり畑

  5. 渓流が流れるアレッツォ県の「イタリアの美しい村」、ローロ・チュッフェンナ

  6. リモートワーカー歓迎!トスカーナ山間の村で移住推進プロジェクト

Copyrighted Image