「ワインボトル=750㎖」、なぜだか知ってますか?

ワインのボトルは750㎖。なんだか当たり前すぎて考えたことなかったのですが、なぜ1ℓじゃないのでしょう?確かに、飲み物の場合、水とか500㎖、1l、と500ml単位の場合がほとんどですよね?しかし、コーラやビールも330㎖とか660㎖とかは何故だ?とも思いますが、ここでは置いておいて・・・なぜワインのボトルは750㎖なんでしょう?

ワインのボトル規格が定着したのは19世紀のこと。推定では

  • 1食での平均ワイン消費量
  • ワイン保存に最良の量
  • 輸送が楽

などと言われることもありますが、これらのどれもハズレ!だそうで。では正解は?ワイン交易の歴史を紐解いてゆくと分かるのです。

当時、フランスワインの主要なクライアントはイギリス人でした。しかし、この2国間では量の単位が同一ではありません。イギリスは「gallone imperiale」= 4.54609 ℓ。計算しやすくするために、ボルドーで使われていた樽=225ℓ=50 gallone imperialeとし、それは750㎖のボトル300本分、と決めたのです。そうすると、1gallone imperiale=ボトル6本。今でもワインの箱売りが6本、または12本など6本単位であることも、この歴史からきているそうです。

・・・知ってました?
今回はたまたまこのフェイスブック記事で私も知ることができました。ロックダウンでブログネタもないため、こういう面白い記事を見つけたら、また日本語で紹介しますね。

【初の紙の書籍「イタリアの美しい村を歩く」、2022年10月発売!】

 

🇮🇹「イタリアの最も美しい村」協会の推薦本です!🇮🇹

AMAZONや楽天ブックスでも予約受付開始していますが、10月より出版元の東海教育研究所さんのサイトにて抽選プレゼント付きキャンペーンが開始します(特設サイトからの購入のみキャンペーン対象となります)。9月末には告知しますので、もう少々お待ちくださいませ。

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 春の訪れを感じる「アグレッティ」、今年はパスタ以外にも使ってみた

  2. イタリアから日本に帰省してすぐ、とまどってしまうこと

  3. 【お知らせ】トスカーナ新冊子を個人さまにも無料配布します!

  4. 日曜にバスが乗れる幸せ、普通に切符が変える幸せ

  5. 【フィレンツェの素敵な通り】パリオーネ通り

  6. イタリア全土でレッドゾーン!子供たちと家で何をする!?

  1. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  2. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  3. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  4. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  5. 暮らすように近郊の村や町を巡る、アレッツォ滞在のススメ。

    2024.05.06

  1. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  2. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image