2020年のクリスマスリース、完成!

一昨年昨年とは違うリースにしたい!と、先日リースの材料を探しに裏山に行き、今年のベースは脱オリーブでヘデラに決定!裏山にたくさんあるけど、絡まったりへばりついているのを解いていくのが大変&長いのは難しいかなぁ~と思っていたら・・・!我が家から村の中心へ向かう道に、ヘデラが大量に、しかも壁にくっつかずに長~く垂れているのを発見!なんか生えてるのは知ってましたが、このサイドは歩道がないので間近で見たことがなかったのです。下見をしたうえ、家から植木バサミを持っていき、しなやかで長いのを15本ほど伐採。それでネジネジ丸く編んでいくも、なんだかボリュームがない枝ばかりが目立って葉が表に出てこないので、翌日に再訪・・・工事現場のおっちゃんに注目を浴びつつ、そして近所のジョヴァンナが「何するの~?」と話しかけてきたので、調子に乗って更に15本ほど伐採。それを巻き終えてから、今度は飾りを考える・・・

どう使うかは分からないけど、所用で訪れた休暇の家でこんな可愛い花も発見したので、いくつか頂戴してきたり。

裏山で目をつけていた真ん中赤+シュシュっと毛が生えたような面白いやつ、使えるかな?と野生人参の枯れた花などの雑草、そして花付きローズマリーも。休暇の家で取ってきた花はリースには難しそうなのでスワッグ?と、オリーブの枝も数本伐採。さて、どうアレンジしようか・・・そしてだいたいの構想が決まったら

枝につぶされて外に出てこない葉を、チマチマと外に出してゆく・・・適当にやるとちぎってしまうので、慎重に慎重に・・・そして試行錯誤しながらも1本1本飾りを刺してゆく。今年はベースの枝の数が多い分、刺してもゆるくて落ちそうになることがない。やっぱり手間をかけないと美しいリースは作れないのだ!と1人納得しながら黙々と指してゆく・・・そして!

できあがりがコチラ💛

クリスマスだから!と赤い実を使いたくなるのを抑え、赤いのはシュシュっとなってる植物とその紅葉だけで。あとは休暇の家にあったまだ色鮮やかな花の部分と、ローズマリーの花、どちらも青系で、シックな仕上がり・・・まだまだ改善の余地もあるとは思うけど、この2年から比べると凝ったリースにかなり満足しています。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 子供の乳歯が抜けたら・・・?イタリアと日本の違い

  2. 【レポート】イタリア・トスカーナの田舎で、クリスマスをゆったり楽しむ夫婦旅

  3. 「~ソン」しかない?アイスランドの苗字の法則

  4. ロックダウン開けの湖散歩、人が恋しい、あいさつが嬉しい

  5. 「スマホ&ネットネイティブ」には敵わない!

  6. 【フィレンツェの素敵な通り】Via dei neri ネーリ通り

Copyrighted Image