生づくしを堪能!ペスカーラの魚料理店「Bluefin」

先日のアブルッツォ出張でベースとなったのがペスカーラ。州都ではありませんが、交通の面や町の規模からするとアブルッツォの中心では?2泊とまっただけなのですが、第二次世界大戦で大きな被害を受けたこともあり、超近代的な大都会!それなのに町の中心は海から近く、砂浜のビーチが延々と続くという・・・ザ・イタリアン海バカンスも、都会のナイトライフも楽しみたい方にはぴったりの町です。さて、私は宿泊だけだったので夜ごはんを食べた程度だったのですが、せっかくなので新鮮な海の幸をがっつり食べたい、できれば生で・・・と、海沿い中心でグーグルマップをたどりながら歩き回り、最終的に選んだのがこのブルーフィン。どっかーんと広いリナッシタ(サロット)広場の裏にひっそりある感じなのですが、大当たりでした!我ながら嗅覚がいいというか(笑)。

私は入ってすぐ右の席。ぱっと見は狭いですが、左に別のホールがあり、グループの人で独占していたようです。右の壁に並ぶオシャレなアート、ペスカーラのアート系高校の生徒さんたちの作品ですって。こうやって地元の若い子に発表の場を与えるのって素敵やな〜。作品が展示されてる、って生徒さんから家族友人への店の宣伝にもなるだろうから、これはウィンウィンですね。

さてお料理は……いろんな美味しそうなメニューがあったのですが、この日は生と決めていたので、生コーナーメニューに一直線!そういう項目画あるってことは、やはり生を売りにしてるんでしょうね。生メニューは20ユーロと30ユーロの2つ、その日の漁の内容によるので、店員さんが何の料理が出てくるか説明してくれます。まずはサービスの突出しのスモークサーモンとクリームチーズ、そしてバンバンといろんな種類がでてきました!!

マグロはケイパーとバルサミコ酢仕立て、イカはスパイシー、白身2種はコショウが効いたものとグレープフルーツぞえと、それぞれ全然違う味が楽しめて嬉しい。最後はホントは牡蠣だったのですが、私は苦手なので好物のエビに変えてもらって満足度さらに倍!

この20ユーロメニューに水、グラス白ワイン、カッフェで34ユーロ。1人ごはんではやや贅沢ですが、雰囲気も料理も店員さんも全て花丸💮なので、妥当、いやもしかして安いくらい?何よりも心地よい時間を過ごすことができました。

基本情報

Ristorante Bluefin
Via Regina Elena, 40, Pescara
Tel : +39-085-27425

水~月、12:30-14:30&19:30-0:00(日曜はディナーのみ)
火曜定休

ペスカーラ駅から徒歩10分。

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!?

関連記事

  1. プラート老舗の郷土料理店・「Baghino」でプラート風セロリを食す

  2. フィレンツェのソウルフード「ランプレドットのパニーノ」、どこで食べる?

  3. ポルト・エルコレの魚料理店「Alicina Hosteria」

  4. アーゾロ「アル・バーカロ」で、気軽にヴェネト郷土料理を

  5. 極上の「ムジェッロ風トルテッリ」を求めて、Luco di Mugelloのヴァレーリへ

  6. 【イタリアの最も美しい村】連載10回目はアブルッツォ州ナヴェッリ

Copyrighted Image