フィレンツェ Osteria Nuvoli でパノーノのテイクアウト&店内飲食でトスカーナ郷土料理を

ドゥオモに近い路地にある小さなお店、フルネームだと、Fiaschetteria Osteria Nuvoli(フィアスケッテリア・オステリア・ヌ―ヴォリ)。オステリアはだいぶん知られてきましたが、大衆食堂のこと。一方フィアスケッテリアは、フィアスコ=ワインを入れる丸みのあるボトル、つまり、ワインをカウンターで提供するお店、つまり立ち飲み屋(笑)。そんなゆるい雰囲気は入口からも漂っていて、入ったらまさにカウンターでワインを飲むオッサンやら、パニーノをテイクアウトする人でにぎわっています。私も軽く食べたいときにパニーノと赤ワインをテイクアウトして、外の丸椅子で食べることは何度かあったのですが、今回、初めて地下のテーブル席でお料理を食べに行きました。

入口前後の賑わいを見ると満席なのでは?と思ったら、時間早いとはいえ私たちが一番乗り! テーブル数はあまり多くないので、早目に来ると確実に入れると思います。予想を裏切らないザラバン紙のラフなテーブルセッティングに、フィオレンティーナのユニフォーム(コテコテフィレンツェ料理店に必須!)、銅製の調理器具など、雰囲気もベタな感じでまさに期待通り!

今回は初めてのイタリア、初めてのフィレンツェという友人なので、コテコテのフィレンツェ料理を。とはいえ、女子2人ですのであまり多くは食べられません。

私は絶対食べて欲しいレバーパテのクロスティーニ、そして友人はハム・チーズ大好きと言うならやはりこれでしょう、のトスカーナの前菜盛り合わせ。クロスティーニは定番のレバーパテに生サルシッチャときのこ、黒トリュフパテのミニバーガー。ハムチーズ盛り合わせはどこの州でもありますが、州によって内容が違います・・・フィレンツェならば必ず入っていないといけないもの・その1がフィノッキオーナ・ズブリチョローナ。フィノッキオーナはフェンネルシードの入ったフィレンツェ定番のサラミですが、この半生タイプでややレアなのがズブリチョロ―ナ(ぽろぽろと肉片が崩れるため)で、これがめちゃんこ旨いんです!! そしてその2はソップラッサ―タ。豚のしっぽや舌、軟骨など捨てられる部分を利用したサラミで、ぷにゅぷにゅ・コリコリした独特な食感とたっぷりハーブがまた旨い・・・もちろんお供はキアンティの赤です。そしてチーズは熟成違いのペコリーノ(羊乳)。

モツ系大好き!ということで、すでに前日にイル・マガッジーノで

臓物好きは迷わずここへ!フィレンツェのレストラン「Il Magazzino」

フィレンツェのソウルフードであるランプレドットをラヴィオリ、煮込みと堪能してきた友人。しかし、やはりトリッパを食べてもらわない訳にはいきませんよね? ってことで、フィレンツェ風トリッパの煮込みも。こちらも期待を裏切らず柔らかく煮込まれ、ソースもパンですくって全部食べたい勢いでしたが・・・前菜でパンもいっぱい食べてお腹いっぱい!デザートにはたどりつけませんでした、残念!

1階に上がってお会計する時も、1人しかいない兄ちゃんは「ワイン頼んだ人ー!!」と大声出しながら大忙し。私たちの会計もさささっと「30ユーロ、トンド(きっちり)ね!」とテキパキと・・・何もかも高騰の今、2人でお腹いっぱい食べて(私はワインもなみなみと・笑)1人15ユーロはかなり良心価格。特に友人はインフラ真っ最中のイタリアよりも物価の高いウィーンから来たものだから、やっす!と大喜びでした。

オシャレなレストランやSNS映えで人気の店、新しいお店もたくさん出てきたフィレンツェですが、私はやっぱりこういうベッタベタな(笑)郷土料理店が好き。おかげでそういうお店ばかりを紹介してしまいますが、やっぱりこういう店はほっとします💜 予約は受け付けてませんが、昼休みなくいつでも食べられるのが良い所。ランチ、ディナーも早目の時間に行けば間違いなく座れますので、店先が混んでいても中に入ってみてくださいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報
Fiaschetteria Osteria Nuvoli
Piazza dell’Olio, 15/r
Tel : +39-055-2396616
月~土・8:00-21:00 、日曜・9:30-17:30

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. 平日ランチセットが10ユーロ!フィレンツェのオステリア「Osteria dei Centopoveri」

  2. くつろげる&写真映えするフィレンツェのカフェ&レストラン、La Ménagère

  3. フィレンツェのクリスマスの光の祭典、2022年は Green Line

  4. チーズ好きにはたまらない、ピエンツァ近郊のオーガニック農場

  5. フィレンツェ老舗トスカーナ料理店、アンティーコ・リスト―ロ・ディ・カンビ

  6. レッドゾーン間近のフィレンツェにて

  1. キアンティの美しい村、元シェフの料理教室とアパート滞在

    2024.07.08

  2. メディチ家礼拝堂、ミケランジェロの「秘密の部屋」特別見学に参加

    2024.07.06

  3. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  4. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  5. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  1. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image