【我が家の食卓】臓物好き家庭の、基本のトリッパの煮込み

私も子供もダンナも、要は、臓物好き家族(笑)の食卓によく登場するトリッパ !トリッパは牛の第二胃袋、日本語ではハチノスと呼ばれる部位です。 こないだ買ったパックは約750g、これで600円くらい。すでに下茹でしてあります。 我が家で一番多いのはトマト煮込みなんですが、サイトなんかで見ると結構さらに茹でて臭みをとったり、材料もハーブ系が多かったりですが私は所詮(笑)簡単・楽ちんが大好きなので、最低限の材料と最低限の行程だけ。それでも実はトリッパは苦手なダンナ(ランプレドットは大好き)も絶賛するんやから、めちゃめちゃ美味しいハズ!

材料(約6
材料(6~8人分)

◎玉ねぎ・1個~半分 ◎人参・2本 ◎セロリ・2本 ◎にんにく・2かけ ◎トリッパ・750g~1kg ◎白ワイン・1カップ ◎トマトピューレ・200ml ◎塩、オリーブオイル、イタリアンパセリ(あれば)、好みでバターやすりおろしチーズ・適量

作り方

1)野菜をみじん切りにして、たっぷりのオリーブオイルで炒める。トリッパの臭みが気になる人は、15分くらい下茹でする

2)トリッパは食べやすい長さの細切りにして、野菜のフライパンに入れる

3)ここで結構水分が出るので水分がひくまで待ち、その後、白ワイン投入

4)白ワインもひいてきたら、トマトピューレと塩投入、味を整えて・・・(好みでバターを入れて)

ハイ、出来上がり!めちゃ簡単でしょ。この後、すりおろしチーズをかけてモリモリ食べました♪

応用編として、ヴォルテッラで食べた「トリッパのヴォルテッラ風」  は野菜なしでまずトリッパを少しだけ炒めてから水抜きし、白ワインを入れて、作っておいた ミートソース を適量絡めるだけ。肉好きの長男はトマト煮よりもヴォルテッラ風やれ!といつもウルサイ💦

日本でどの程度ハチノスが手に入るかは?ですが、レシピは簡単ですので、ぜひ、お試しを~!

関連記事

  1. またまた新しいハチミツの味、今度は「エリカ」

  2. アーティチョークは、こんな風になっています

  3. 「母子手帳」、お母さんから引き継いでますか?

  4. 【電子書籍】2冊目「トスカーナのおうちごはん」表紙アンケート開催中です

  5. 兵庫県生まれ・育ちにして、初めて上った「神戸ポートタワー」

  6. 2019年秋、ルネサンスの巨匠2人の映画が見逃せない!

  1. イタリアでは、「カスタマイズ」が当たり前

    2021.07.23

  2. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第3回目が公開となりま…

    2021.07.22

  3. EURO2020で再認識「イタリアはやっぱりマンマの国である」

    2021.07.21

  4. マルケ州トッレ・ディ・パルメ、海岸線を見下ろす「イタリアの美し…

    2021.07.20

  5. 電気自転車でどこまでも行こう!コーネロ山・E-BIKEツアー

    2021.07.19

  1. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  2. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

Copyrighted Image