フィレンツェ、サンタ・クローチェ広場のクリスマス・マーケット

起源はドイツですが、年々イタリアの各都市でも開催されるようになってきたクリスマス・マーケット。イタリアでは今もイタリア最大の規模と人気を誇る、トレンティーノ・アルトアディジェ州ボルツァーノで1990年から開催され、フィレンツェでも2000年ごろからサンタ・クローチェ広場で毎年開催されています。ボルツァーノと比べると規模は小さいものの、50以上の屋台が並び、歩くだけでも気分がワクワク。普段トスカーナではお見かけしない食べ物を食べたり、寒い地域で作られた防寒グッズ、そしてクリスマス雑貨などは自分用はもちろん、頭を悩ませるクリスマスプレゼントにもぴったりです。

見ているだけでも可愛い雑貨たちは買いすぎに注意(笑)。

クリスマスツリーの飾りやクリスマスリースは自宅にも、そしてプレゼントにも喜ばれそう。

物欲よりも食欲?の私はランチ時間に狙って行ったので、食べ物屋台は更に入念にチェック。ドイツ系といえばソーセージ?つまりホットドック?もあったのだけど、まぁいつでも食べられるって言えば食べられるし、8ユーロとか結構なお値段・・・いろんなものを見比べた末、大好きなクラウティ(ザワークラウト=乳酸発酵による酸味が強いキャベツの漬物」と子豚の丸焼きが入ったパニーノに決定! バイエルンから来ているというお兄さんも面白く、パニーノもとっても美味しかったです。

ホントはここでビールも1杯・・・といきたかったところですが(笑)、仕事前だったのでやめときました。

スイーツはシュトルーデル(これは家でも作るのでパス)やザッハトルテ、そして専用の型にくるくると生地を巻き、トッピングをしたハンガリーのお菓子キュルテーシュカラーチにもひかれましたが、時間もあまりなかったのでこちらも今回は断念。ここを去る前にちょうどマンマ+2人の子どもが買っていたのですが、7ユーロだけあって結構な長さは10cmくらい・・・調べると本場では35㎝にもなる大きさで、皆でシェアして食べるそうです。

他都市のクリスマス・マーケットは1月6日までが多いのですが、このクリスマス・マーケットは12月17日まで。今年は無理でも、来年以降に11月半ばからフィレンツェに来られる方は、ぜひチェックしてみてください。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

サンタ・クローチェのクリスマス・マーケット
2024年11月18日~12月17日、10時~22時(金・土・日は~23時)
※例年だいたい同じような日程です。
※来年以降、会場が変わる可能性もあります。

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. フィレンツェの魚が選べるボリュームいっぱいの店 、Lo Spuntino

  2. イタリアで最古&最大!アレッツォのアンティーク市

  3. ミラノで「名古屋めし」が食べられる!?ミラノ中央駅前「SAGAMI」

  4. 電子書籍とWwoof が生んだミラクルな出会い

  5. フィレンツェの本屋ビストロ「La Cite’」で、レトロな空間にまったり浸る

  6. バラッティビーチの大人気パニーノ屋さん、「Il Casotto 」

  1. キアンティの美しい村、元シェフの料理教室とアパート滞在

    2024.07.08

  2. メディチ家礼拝堂、ミケランジェロの「秘密の部屋」特別見学に参加

    2024.07.06

  3. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  4. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  5. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image