カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂時間

日本人の私にとって、特に冬は、お風呂が何よりの楽しみな時間。シャワーじゃないですよ、もちろん浴槽にじっくりつかってリラックスする時間です。その時間が更に楽しみになったのは、ボディソープを変えたことから。前は地元のオーガニックハーブメーカーのものを使っていたんですが、

  • お気に入りのバジルが近所に売ってない、前に売ってた所にもないことが多い。
  • ボディソープに限らず、プラスチックボトルをできるだけ止めたいと思い始めた。

2つ目はなんとなーく思いつつも、以前に友人からプレゼントされた固形シャンプーが予想以上によくて長持ちしたことから、買いだめしているものがなくなったら、できるだけ固形に移行しよう!と思っていました。とはいえ、どの固形ソープにする?と考えた時に思い出したのは・・・

フィレンツェ北部、パーマカルチャーとハーブコスメのアグリツーリズモ

そういえばアンナもソープを作っていたはず! しかも原料の花やハーブ、オリーブオイルも全て彼女の畑でできたもの。そんな折、ちょうどお客様の宿泊もあったので、チェックインのお手伝いの後、料理教室に行く前にアンナの家にお邪魔しました。何種類かあった中、とりあえず選んだのはこの2つ。

左はラベンダー、そして右はカレンドラ。ラベンダーは我が家でもリースや香り袋で大活躍のお馴染みの香りですが、気になったのがこのカレンドラ。アンナ曰く、このカレンドラは香りだけでなく植物療法的にも優秀なもので、古くはクレオパトラの時代から、中世に重宝されていたのだとか。花ぶらを植物性オイルに漬けたものは、皮膚や粘膜保護、かぶれや肌荒れ、保湿などの目的で使われていたそうです。また現在は肌のアンチエイジングとしても注目されているとか・・・美容に関しては全くお金をかけない私ですが、ボディソープくらいは信頼できる友人から良いものを買って楽しみたい! まだ数回しか使っていませんが、心なしか肌がつるつるになったような? 嬉しいのはタオルにこすりつける回数が少なくて済むこと。すぐになくなるだろうなーと思っていたので嬉しいサプライズです。

ソープづくりは苛性ソーダなども使うので体験プログラムには向かないのですが、ラベンダーの収穫と蒸留、花やハーブの浸出オイルなどに興味がある方は、ぜひアンナのパーマカルチャー農園までお越しくださいね。 私は今まで西洋オトギリソウの浸出油しか作ったことがないですが、今年はラベンダーでも作ってみようかなぁ・・・。

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. 田舎暮らしの醍醐味は、絶景パッセッジャータ

  2. 長男がNETFLIXを見まくっていても、温かく見守ってしまう理由

  3. 【我が家の食卓】基本中の基本!ミートソース

  4. パッツィ家の陰謀とブランカッチ礼拝堂、歴史と美術にどっぷり浸る特別イベント

  5. 緑の大地に白い斑点・・・マレンマは羊だらけ!

  6. 私を取り巻く世界はこんなにも美しい

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image