私が混乱した「トスカーナ弁」その7・ハホってハホってハホりまくる

代表的なトスカーナ独特の言い回しは

その1・coso と cosare
その2・非人称のトスカーナ的な使い方
その3・piacere でなく garbare
その4 ・ fo’ フォと vo’ ヴォ
その5・ハッシュタグもトスカーナ弁で
その6・学校で習わない名詞たち

で書いてきましたが・・・先日、こんな動画をフェイスブックで見つけてしまいました!
「フィレンツェ弁を話すための10のルール」

10のうち、私の前述記事の1、2、4、5も入ってます。しかし、私が「それ忘れてた!!」というのがこの動画の1つ目に出てきました。ズバリ記事タイトルの

「ハホる」

より専門的に言うと、「ゴルジャ」と呼び、フィレンツェ・トスカーナ独特のの発音です。

何がハホるのかというと、

  1. カ行全般(専門的に言うとK➡H)
  2. 語尾にあるタ行(専門的に言うとT➡θ)

細かいのは他にもありますが、代表的なのはこの2つ。では、順に解説していきましょう~!

カ行がハホる

動画の例は

  • La Casa ラ カーザ ➡ ラ ハーザ(=家)
  • Il Buco イル ブーコ ➡ イル ブーホ(=穴)

イタリア人の性質の1つに、おらが村自慢(カンパニリズモ)、そして他州をバカにした小話があるのですが、トスカーナ人を揶揄する代表的なものがまさに

「コカ・コーラって言ってみろ」
「コカ・コーラって言えないくせに」

➡「言えるよ、ホハ・ホーラ!!」(爆)

 

ちなみに・・・トスカーナではまさに致命的な私の名前、「くみこ」

「フミーホ」(号泣)

みなが「フミーホ」「フミーホ」呼ぶもんだから、私の結婚式で初来伊した私の父が

「おい、おまえ名前を間違えられてるぞ!!」

ってマジ顔で言ってきたのが、今も忘れられません。

語尾のタ行がハホる

一番わかりやすいのが、動画で紹介されているように「動詞の過去分詞」

  • Bruciato ➡ Bruciaho(=燃やした)
  • Mangiato ➡ Mangiaho(=食べた)
  • Andato ➡ Andaho(=行った)

動画では「語尾にある」とは言ってませんが、始まりや真ん中にあるタ行はあまりハホらないような・・・とはいえ、個人差もすごくあります。うちのダンナはあまりベッタベタのフィレンツェ弁でないですが、マンマ、特に今は亡き舅のハホり具合はえげつなくて、留学して間もない頃に家に行った時に、何言ってるかほとんど分からなかったのも、そのハホりが原因だったと推測されます。こうして1つの単語だけだとそれほど難しそうに感じませんが、1つに文章の中に何個もハホッた単語が入ってると、聞きなれるまではけっこう分かりにくいです・・・とはいえ、20年近くどっぷりトスカーナにいると、しかもダンナ家族全員トスカーナ人となると、私も相当ハホってるようで・・・通訳などでトスカーナ以外に行くと「・・・君、フィレンツェだよね?」、逆にホームでは「なんで日本人なのに完璧にハホってんの!?」、と爆笑されることもしばしば。きっと日本でいう「山形弁をしゃべるダニエル・カール」みたいな立ち位置になっているようです💦

【AMAZON KINDLEより、2冊のトスカーナ本+2冊の記録写真集】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」はこちらから
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」はこちらから
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」はこちらから
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」はこちらから

関連記事

  1. アーティチョークは、こんな風になっています

  2. 【我が家の食卓】夏にヘビロテの「イタリアン・トリコローレサラダ」

  3. 【我が家の食卓】自家製オリーブ塩漬け使用!フェンネルの美味しい新メニュー

  4. 2019年を振り返り、2020年に向けて思うこと

  5. 今更だけど、ブレラ地区はとっても素敵でした♥

  6. 関西の美しきマンホールたち・その2

Copyrighted Image