ピアチェンツァの郷土パスタ「Pisarei e faso’(ピザレイと豆)」

イタリアの面白さは各地の違い。それは歴史だったり、方言だったり、そして料理!州ごとだけでなく、エリアや市でも違う料理があるほどの多様さなのです。なので、おらが村から出る時は必ずその地の料理を食べたり、お土産に買って帰ったりしています。ここ数カ月、取材でイタリア各地を回っているのですが、先日はお隣の州エミリア・ロマーニャ州へ。お隣、しかもおらが村はトスカーナでも北にあるのでトスカーナ南部に行くよりも断然近いのですが、エミリア・ロマーニャと一言に言っても広い!ボローニャから東=ロマーニャはけっこう行っていますが、西は2019年12月に訪れたレッジョ・エミリアまでしか行ったことがありません。

隣の州なのに違う、エミリア・ロマーニャ州とトスカーナ州の風景

しかし、今回はぐぐぐーっと最西端まで。ロンバルディア・ピエモンテ・リグーリアの3州に囲まれたボッビオという村に行ってきました。ここはピアンチェンツァ県でピアンチェンツァ郷土料理の宝庫!そして滞在していた日が偶然にもメルカート(市)が立っており、これは買わないわけにはいきません。いろいろ買ったのですが、まずは生パスタ屋さんで買い賞味期限が短いこの「ピザレイ」を食べてみました!ピザレイはピアチェンツァの「ピアット・ポーヴェロ(粗末な料理)」。トスカーナでは余った固くなったパンはリボッリータパッパ・アルポモドーロなど野菜との煮込みに使うことが多いですが、こちではパン粉にしてパスタにしてしまうのです!!

食べ方ですが・・・もうこれしかない!というくらい調べてもこれしか出てこなかった「Pisarei e faso’(ピザレイと豆)」。fagioli のことをピアチェンツァ方言でfaso’ と言うんですね。生パスタ屋さんでどうやって料理するの?と聞いたら、レジにある郷土料理本を開けて「写真撮っていいわよ」とレシピをコピーさせてくれました!

(写真撮るの忘れて食べ始めちゃいましたが💦)レシピはボッローティ豆でしたが、常備している白いんげん豆で。炒めた玉ねぎ・ニンニクに下茹でしておいた豆を入れ、トマトで煮た中に茹でたピザレイを絡めるだけ!本来のレシピでは、トスカーナではオリーブオイルオンリーが多いですが、ここは半分バター、そしてラードを使用。ダンナがこれを翌日お弁当にもっていくと、ピアチェンツァ出身の同僚が「昔おばーちゃんが作るこれに豚の皮が入ってるのをよけて食べてたわ」と言っていたそう。ほんと、郷土料理って奥が深いわ~!

ちなみにこちらはレストランで食べた、もう1つの郷土パスタ・ピノーリ。ピノーリ=松の実なので、え?ボッビオて松の実の産地なの?と思いきや、松の実の形のパスタだったという。こちらはじゃがいもとリコッタチーズが生地に入っているので、もちもちのずっしりした食感。前菜はシェアしてこのパスタだけだたったのに、食べ終えるのがつらいくらいお腹いっぱいになりました!

皆さんもイタリアに旅行に来たら、ぜひ郷土料理を探して食べてみてくださいね~。

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. おらが村ロンダの名産・レジーナ桃のファン急増中⤴

  2. アミアータ山の山頂で、食べるもの&見るもの

  3. シエナ郷土パスタ・ピチを手打ちで!オルチャ渓谷の小さな村・モンティッキエッロで料理教室

  4. おらが村の肉屋直伝!ご当地サルシッチャ・バルディッチョとペコリーノチーズのピチ

  5. ルッカの伝統菓子「ブッチェッラート」

  6. イタリア北部、トレンティーノ・アルトディジェ州の美味しいもの

Copyrighted Image