【レポート】家族4人で春のオルチャ渓谷を大満喫!

長いコロナの影響からも解放され、この春からお客様が少しづつ戻ってきて下さってます!
日本の春休み期間中には3組、皆さんに共通なのはおらが村の休暇の家滞在マンマの料理教室。うち2組の方がオルチャ渓谷、とトスカーナ自由自在サイトで人気1位、2位を争うこの2か所は不動のようです。オルチャ渓谷内の集落であるばーちゃん村に滞在するため、年に3~4回はプライベートで行くオルチャ渓谷ですが、昨秋のE-BIKEのアテンド以来、久しぶりにハイヤーツアーのアテンドで同行しました。

オルチャ渓谷の絶景と小さな村を巡るサイクリングツアー(E-Bike)

⤴ ちなみに、今回のハイヤーツアーとは違うもう1組の方は、このEーBIKEツアー体験されました💛

今回のハイヤーツアー、もとい!私が担当する3泊4日の内容は、実はコロナでキャンセルになった3年前の旅=おらが村の休暇の家滞在マンマの料理教室、そしてハイヤーツアー行程全てを全く変えずにお申込み頂きました!

Hさん家族のご感想はコチラ

フィレンツェ発着のベーシックなモデルプランはこちらにまとめていますが

世界遺産・オルチャ渓谷を巡る、ハイヤー1日周遊プラン

お客様のご希望を聞きながら、発着地、目的地、ワイナリーなどのアクティビティ全てをカスタマイズできます。

さて、今回のお客様の行程は・・・?

  1. サン・クイーリコの糸杉
  2. ポッジョ・コーヴェリの糸杉
  3. ラディコーファニの村要塞
  4. 樹齢300年の樫の木(国宝モニュメント)
  5. モンティッキエッロの糸杉
  6. モンティッキエッロの村

こちらをおらが村発着の11時間のワインディ・トリップとなりました。

そんな1日の早見リール動画はこちら 👆👆👆

1.サン・クイーリコの糸杉

いわずもがなオルチャ渓谷、いやトスカーナのシンボル的なこの糸杉の風景。クリスマスにばーちゃん村に向かう時に通ったら、この糸杉を見に停車する車でごった返していたのでちょっと心配していましたが・・・まだ3月半ばの平日、ということで、問題なく駐車できました。道からも見えるこの定番の群生はもちろん、元気な息子さんたち2人は、奥に円を描くように植えられた別の撮影スポットにも駆け上がってゆく~!これは私たちも行かねば💛

この糸杉2つだけではなく、もう辺り全体のどこをどう切り取っても絶景と言う素晴らしいスポット。バスでも通る道ではあるのですが、車窓から通りすがりに見るだけではやっぱり勿体ないので、ぜひ車で行きましょう!

2.ポッジョ・コーヴェリの糸杉

ここもトスカーナ写真集やSNSでおなじみの糸杉スポット。ポッジョ・コーヴェリというアグリツーリズモの前にまっすぐ並ぶ糸杉並木です。私はいつもこの前は通らずに、遠くから横の写真を撮影することはありますが、真正面は今回で2回目!圧巻~!!

3. ラディコーファニの村と要塞

世界遺産となってから世界的に有名となり、近年は観光客も多くなってきたオルチャ渓谷ですが、その領域の5つの市の中では断トツにマイナー(笑)、そして一番南で行きにくいのがラディコーファニです。それでも私と同じようにマイナーで観光客がほとんどいない場所を求めていらっしゃる方には、一番におススメしているこの村ですが、村だけでなく、このためだけに来ても絶対に損はしない!!と思うモニュメントがあるのです。それは・・・

村より上の山の上に立つ要塞。

世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

日本で城郭巡りが好きとおっしゃるご主人、もう遠景から、そして到着してから、周りを歩きながらも大興奮です!!日伊の違いはあれど同じ要塞好きとして、ここは絶対!と推した私はもう感無量。奥さまも息子さんたちも「これはスゴイ!」と感動していただいて、更に感無量!そんなテンション爆上がりの中、塔に上ります。

これは言葉では言い尽くせない、そして写真でも全部入りきらない絶景です。この感動をみんなに伝えたいけど、どうやったら伝わるか分からないくらいすごい、行って!と言うしかない!とご主人。まさにその通りです。もう来ていただくしかないです(笑)。実はプライベートで10年近く前に来た時は快晴だったのですが、サイトで紹介した後に私も同行した時は残念ながらどの日も曇り空だったんです。私も久しぶりに、初回と同じ快晴の中、どこまでも広がるオルチャの大地を堪能しました。

ちなみに要塞の前に村のレストランでランチをしました。レストランについては別記事で紹介しますね。

4.樹齢300年の樫の木(国宝モニュメント)

実は最初の予定には入ってなかったんですが、車内でグーグルマップを追っていて見つけたもの。以前にモンティッキエッロ協同組合の人と話していて聞いたことはあったのですが、まさか真横を通るとは!せっかくなので、お客様にも許可を頂いて一緒に止まることにしました。この樫の木は推定樹齢300年!イタリアでは植物としては初の国宝モニュメントです。この日はまだ葉はついてませんでしたが、看板には緑で覆われた写真が。次はその姿を目で見たいものです。

5.モンティッキエッロの糸杉

トスカーナの糸杉の風景シリーズその3は、モンティッキエッロの糸杉です。こちらもカレンダーなどで有名ですね。この日は黄色の花が草原に咲いており、もともと素敵な風景に彩を添えてくれました。

6.モンティッキエッロの村

協同組合と一緒にライブをしたとき、門の上に上れることも教えてもらったので、もちろん上って写真を撮りました!あまりにも何回も来ていて今回は写真をあまり撮らなかったので、村の様子が気になる方は下記リンクを参照ください。

モンティッキエッロ、オルチャ渓谷の童話のような小さな村

まずは協同組合の事務所により、生産品などを見て頂くも、ご希望のオリーブオイルのサイズが在庫なし。なら、生産者が村の中にいるから直接行ってみて!と地図に〇をつけてもらって向かうと、生産者さんが在宅で1階の商売スペース?を開けてくれました。そして大きなタンクに入った2種類のオイルの違い(搾油所の違い)や、1つのテイスティングまで。オリーブオイル購入後は村の高みまで散策し、可愛い布屋さんでお土産も買い、最後は協同組合の主な活動である劇団ミュージアムを見学して終わりました。

そして車に向かって門を出たら、沈みかけた太陽にキラキラと輝くこんな風景が・・・これももう、筆舌に尽くしがたい美しさ。ちなみにこの手前のオリーブの木は、その前に購入したオリーブオイル生産者さんのオリーブ畑、というオマケ付きでした。

このように、丸1日、または数日でオルチャ渓谷の村や風景、ワイナリーなどの生産者訪問、また冒頭に紹介した電動アシスト付きサイクリングツアーなど、楽しみ方はさまざま。ご希望に応じてプランニングできますので、ぜひお問い合わせくださいませ。

お問合せ&お申し込みは、こちら

⤵ こちらも参考にしてみてください(笑)

トスカーナの「糸杉絶景ポイント」を巡る旅、より楽しくする方法は?

ギャラリー(クリックすると拡大します)

 

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. 偶然知ったトスカーナの古の長さの単位 – BRACCIO

  2. 今晩開催!Concerto di Primo Maggio ヨーロッパ最大の無料ライブコンサート

  3. 夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

  4. トスカーナの初夏は、「ジネストラ」でいっぱい

  5. シエナ郷土パスタ・ピチを手打ちで!オルチャ渓谷の小さな村・モンティッキエッロで料理教室

  6. イタリア人は一体いつまで子供の宿題を見続けるのか?

  1. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  2. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  3. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  4. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  5. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  5. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image