フォトグラファーのトスカーナ絶景・撮影コーディネイト

2年前にコーディネイトをさせて頂いた、かさこさんのイタリア写真集・電子版がAMAZONで販売となりました。裏話的に、また、トスカーナで撮影を検討中のカメラマン・フォトグラファーさんの参考として、どんな流れでどんなコーディネイトをしたのか、書いてみたいと思います。

トスカーナで1日撮影ツアーしたいと相談を受けて、行きたい場所ありますか?とお聞きすると、「(1版目の)セルフマガジンの表紙のところ!」=サンクイーリコの糸杉のみで、あとはオマカセ、というリクエスト。ならば、ここからがコーディネイターの腕の見せ所。コーディネイトをする時に大事なのが、

  • 依頼主さんは何が好きなのかどんなものが見たいのか
  • 何を優先させるのか
  • 上記を知るためのコミュニケーション

その上で提案をして、すり合わせをしていくこと。かさこさんの場合、イタリアも3回来てるし、いろんな場所には行っていて目は肥えている。ブログや投稿などから私なりにかさこさんが好きなモノ、喜びそうなことは分かっていたので

  • ガイドにほとんど載っていないところ
  • インパクトのあるところ

この2つを基準に8ヶ所の案を送り、最終的に優先順位をつけてもらって選んだ合計5カ所を周る「フィレンツェ発着トスカーナ横断13時間の撮影ツアー」が始まりました。その5カ所が

サンガルガーノ修道院。かさこさんの好きなものの1つは「廃墟」そうなれば、ここははずせません。

そして唯一具体的に行きたいと言われた、サンクイーリコの糸杉

その後はオルチャ渓谷内を周りましたが、普通の観光旅行であれば王道であるピエンツァモンタルチーノは敢えてはずし、まずは旧市街にドーンと浴槽のあるバーニョ・ヴィニョーニへ。

そして、超穴場のオルチャ絶景スポットであるラディコーファニの要塞へ~私の思惑通り、かさこさんも。スゲェ、スゲェを連発(ウッシッシ)。

せっかくなので、もちろんラディコーファニ旧市街へも。「いい村だな~」とぶつぶつ言いながら(笑)
ひたすらシャッターを押しまくる(さらにウッシッシ)。

そして一路、マレンマへ・・・マレンマの絶景と言えば、のこの2つ、まずは断崖絶壁の凝灰岩の村・ピティリアーノ。2010年に初めて見た時、私も鳥肌がたって立ち尽くしてしまったこのパノラマは、その後何回見てもゾワゾワします(笑)。今は違う角度からの絶景ポイントも見つけたし、夜の異世界な旧市街も・・・フォトグラファーの方だけでなく、たくさんの方にゾワゾワしに来ていただきたいです。

有終の美を飾るのは、やはり「世界一美しい天然温泉」とも呼ばれるサトゥルニアのムリ―ノの滝

そして、今年の2月にはアメリカ在住の日本人女性フォトグラファーさんの撮影コーディネイトをさせて頂きました。彼女の希望は、写真集などによく出てくるオルチャ渓谷の風景。大方は場所の指定がありましたが、写真だけ見てどの場所か?というのは、地元のハイヤーさんジョルジョが熟知しているのでオマカセ!早朝と夜を組み合わせた3日間の撮影コーディネイトをさせて頂きました。そしてほぼ同じ場所を3月末にお客様にリクエスト頂き、私もフルアテンドで楽しませて頂きました

こんな風に、おまかせで提案させて頂くことも、ご希望に沿ってリサーチ&コーディネイトさせて頂くことも、両方可能です!どうぞ、お問い合わせくださいませ。

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 何もかもが愛らしい!美しき凝灰岩の村、ソヴァーナ

  2. マレンマ地方「マリアーノ・イン・トスカーナ」で城壁ウォーキングに萌える!

  3. 聖フランチェスコゆかりの聖域、ラ・ヴェルナ

  4. シエナーアレッツォ間で行きやすい!楕円形の小さな村「ルチニャーノ」

  5. マレンマ地方の廃墟となった修道院、哀愁の「サン・ブルーツィオ修道院」

  6. トレンティーノ・アルトアディジェ州「ヴィピテーノ」、イタリア最北端の「イタリアの美しい村」

Copyrighted Image