モンティッキエッロ「テアトロ・ポーヴェロ」、住民全員参加の歴史ある市民劇団

オルチャ渓谷、ピエンツァの分離集落・モンティキエッロ。今ではオルチャ渓谷も世界遺産となり、童話のような可愛い町並みに訪れる人も増えてきていますが・・・実は、数十年前までは、村がなくなる危機に瀕していました。1960年代まで、ここモンティキエッロだけでなく、トスカーナを始めイタリア中部では「折半小作制」が行われていたのですが、その制度も廃止後、多くの貧しい農民が村を捨てて出ていってしまいました。その状況に歯止めをかけ、かつてのこの地の人々のアイデンティティを保持しようと、1967年に生まれたのがこの「テアトロ・ポーヴェロ」=貧しい劇場、という名の劇団です。脚本を作るのも、小道具を作るのも、演じるのも、全てが住民。そして場所は、村の広場。時代とともに紆余曲折がありながら、1980年には地域社会協同組合となり、今でも住民全員が組合員となり、劇以外にもツーリストインフォメーション、劇団ミュージアム、レストラン、貸しアパートをオープンし、今年はPARCO VIVOと同じく、トスカーナ州の資金援助を受け、電気自転車レンタル事業も開始!村の在り方を住民全員で決定し遂行する、劇団というよりも住民自治組織として活動を行っています。

ちなみに現在の会長は、ダンナ幼馴染のばーちゃん村在住・ファビオ、PARCO VIVOの副会長でもあります。彼のはからいで、ばーちゃん村の幼馴染家族とやっと観劇することができました。劇がある時は旧市街すぐ下の駐車場がいっぱいになるので、早めに18時半に到着すると・・・すでにいっぱいで駐車場下の路肩に停め、いざ、旧市街へ!

劇は20時半~ですが、まずは劇団が経営するレストランで食事。教会右横、そして劇団の本部のあるヌオーヴァ広場へ向かいましたが、予約確認で並ぶ列がすでにできていました。レストランはもちろん、郷土料理ばかり~まずはピチのカーチョ・エ・ペーペをシェアし、そして私のメインは・・・

オルチャ渓谷風トリッパ!普段我が家ではフィレンツェ風、そしてヴォルテッラ風を作りますが、オルチャ渓谷風は初耳&初食!美味しくて完食したかったのに、劇の時間になったので、満席で観劇できなかった男性陣に譲って退散(悲)。

さて、通常の劇は7月~8月中ばまで教会の反対側の広場で行われるのですが、今年はコロナの影響で8月1日~15日の2週間のみ、場所も各シーンを旧市街のいろんな場所で行うため、1階に着き20人程度のグループが移動しながら観劇します。先のグループが移動して少し間をおいて、次のグループが出発する、という方式で1日4回行われたそうです。

旧市街から門を出て受付を済ませたら、ガイドさん(これも劇の一部)に従って各シーンのある場所へ。54回目(54年目)の今年のタイトルは「Isola d’Istante(瞬間の島)」、きっと短いシーンを島に見たて、次々に移動していくからつけられたタイトルなのでしょう。内容はまさにタイムリーな、コロナ禍に巻き込まれた人々の様子を皮肉やメタファーを取り混ぜたもの。このおばあちゃんは、TOP写真のシーンでTOP写真右上の建物から出てきた方・・・きっとここに住んでいるのかな?

こちらは、ロックダウンで部屋にこもる生活に慣れすぎて、もう家から出たくない女性と、彼女との結婚を地替えた婚約者のシーン。

そしてこちらは、かつてのモンティキエッロの学校を再現したもの。ご覧のように、下は小学生から上は80才以上まで?まさに住民全員参加、ここに生まれた人は、この伝統を生まれた頃から普通に享受し、そして小さい頃から参加して成長していくのです。劇そのものもよかったですが、彼らの在り方に、とても感動した夜でした。

イタリアでは市民劇団、そして地域社会協同組合のモデルとして有名なテアトロ・ポーヴェロ。観劇はもちろん、地域社会の在り方、地方プロモーションなどの視察・研究に携わる方へも、大いに参考になると思います。日本語での問い合わせは、下記よりどうぞ。

お問合せ&お申し込みは、こちら

地域社会協同組合については、こちらでも詳しく紹介しています。
「地域社会協同組合」で資産を守り発展する、トスカーナ地方集落の挑戦

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Teatro Povero di Monticchiello
Piazza Nuova 1, Monticchiello
Tel : +39-0578-755118

今年2020年は特殊な年ですが、例年は劇は7月~8月15日まで。その前後を加えた期間に食堂もオープンします。観劇と食事、そしてアパートもセットになった滞在プランなどもありますので、興味ある方はぜひお問い合わせくださいね。

お問合せ&お申し込みは、こちら

 

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. ハーフサイズが選べる!フィレンツェのオステリア ~ Osteria Santo Spirito

  2. 何かと使えるフィレンツェのバール「La Boulangerie Del Rifrullo」

  3. サン・ミニアートのレストラン「Pepenero」、ミシュラン常連店で白トリュフを満喫!

  4. ワインだけじゃない!モンタルチーノのおしゃれな雑貨屋さん「Montalcino 564」

  5. ムラーノ島で食べた、スペシャルパスタ

  6. フィレンツェの小さな本屋さん「TODO MODO」で、本に囲まれてランチ!

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  2. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image