フィレンツェ「Marione」、多くて安くてウマい!昔ながらのトスカーナ料理店

多くて安くてウマい、昔ながらの「トスカーナ料理店」はフィレンツェには何軒もありますが、観光に合わせて各ゾーンで知っておくと便利です。このマリオーネは、ちょうどサンタ・マリア・ノヴェッラ広場からトルナヴォーニ通りやストロッツィ宮殿に行く間、スパーダ通りにあります。ここ、私が留学当時はもちろん、ダンナが一時期バイトしていた=30年前からあるお馴染みのお店。店構えもザ・トスカーナのトラットリア、という感じです。

この日は70才前後のご婦人3人のアテンドで。あまり多くは食べられないけれど、定番のトスカーナ料理を少しづつ、ということで、まずは前菜の盛り合わせとリボッリータ。前菜には欠かせない鶏レバーのクロスティーニがなかったので、この後4ピースを追加。何を食べても美味しい!の連呼でしたが、目からウロコはやっぱりラルド~日本の方にラルドをおススメすると「脂っこい」ネガティブなイメージを持たれるのですが、それはやっぱりすき焼き鍋の油ひきに使う「ラード」を連想されるから。一方ラルドは豚の背脂をハーブの効いた塩で漬け込んだサルーミの一種(特産地はコロンナータ)。その味ととろけるような食感は、誰もが虜になります。

お待ちかねのパスタは、大きな半月型のリコッタのラビオリ+トマトソース。とてもシンプルなトマトソースは、やはり何と合わせても美味しいです!

そしてこちらも王道のミートソースのペンネ。これにお水で53ユーロ・・・1人あたり13ユーロという安さ!やはりここは、安定感のある美味しさと、安心価格が嬉しい、ハズレのないトラットリアやなーと再認識。

実際、お客さんの構成は半分が外国人観光客、半分はビジネス?昼休み中の地元イタリア人でしたよ。久々に行ったけど、昔と変わらない雰囲気、ホールスタッフは若い子が多かったですが、明るくキビキビしていて好感が持てました。昔はどうだったか分かりませんが、今はフィレンツェで9店舗、ミラノなどにもレストランを経営するCASA TRATTORIAグループの1つになっています。他の店舗もチェックしよ(笑)。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Trattoria Marione
Via della Spada, 27/R Firenze
+39-055-214756

毎日営業、12″00-17:00&19:00-23:00

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェ、サン・ニッコロ地区「Beppa Fioraia」、城壁の見える庭園でボリュームランチ

  2. チンクエテッレ、モンテロッソのトラットリア「Il Piccolo Diavolo」

  3. ローマ・モンティ地区の小さなジェラテリア「Gelateria dell’Angeletto」

  4. 赤ワイン好きは悶絶!グレーヴェ・イン・キアンティの「キアンティ・クラッシコEXPO」

  5. フィレンツェ・カンポマルテ駅&スタジアム近く、地元人気店「Caffe’ Dogari」

  6. ロックダウン大幅緩和後のフィレンツェ・その2~当たり前のことが愛おしい!

  1. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  2. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  3. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  4. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  5. 暮らすように近郊の村や町を巡る、アレッツォ滞在のススメ。

    2024.05.06

  1. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  4. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image